現代のAIが得意とする「5つの自動化」とは何か

ビジネスで活用できる人がわかっていること

AIをビジネスに活用する際に欠かせないアプローチとは?(写真:Andy/iStock)
2019年6月に文部科学省が、国立大学の全学部(文系・理系を問わず)に対し、人工知能(AI)の活用に欠かせないデータサイエンスや数理に関する教育を課す方針をまとめました。今後ますます、身近なところにAIが当たり前のように存在する世界になることが予想されます。
来るべき未来に備えて、私たちは今何を学び、どのような行動をとればよいのでしょうか。『稼ぐAI──小さな会社でも今すぐ始められる「人工知能」導入の実践ステップ』の著者でもある中西氏が、AIをビジネスに活用する際に欠かせないアプローチ方法を解説します。

専門家だけでは、AIの利活用は推進できない

AIを活用するからといって、必ずしもAIの専門家でなくてはいけないということはありません。専門家であるがゆえに、技術面にばかり関心がいってしまい、肝心の「人工知能を何に適用すれば実際に役に立つのか」という視点が欠けてしまうこともあります。

本当の意味での人工知能の活用を社会(ビジネス)の中で具体化していくには、人工知能の技術面に強い専門家(データサイエンティスト)と、仕事上の課題(イシュー)から人工知能の使用目的を考えられるビジネスパーソンの両方が必要です。

人工知能の有効な活用方法を見出していくために欠かせないのが、「イシュー指向型」の考え方です。世相的にも、人工知能の利活用を真剣に考えるフェーズ(段階)になった今、人工知能の技術面を洗練化させる議論だけではなく、「どこでどのような人工知能を適用していくのか」という議論が、より重要となります。

ここでいう「イシュー指向型」とは、現場で解決しなければいけない本質的なイシューを明確にして見極め、その本質的な課題を起点にして物事を進めていく方法です。実は、AIの専門家たちも、AIを使って何か新しいことをしたいとウズウズしているのです。

ただ、単に「AIにできること」を形にしただけでは、実装(実際に装備し、使えるようにする)の段階で「実は意味がなかった」ということにもなりかねません。実際に、そのような残念な事例はたくさん存在します。だからこそ、ビジネスパーソンの視点からのアプローチが重要なのです。

次ページ現代のAIが得意なのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT