相手を不快にさせない!絶妙な「NO」の伝え方

知っておくと超便利な英語フレーズはこれだ

日本人はハッキリ「No」と言えませんが、外国人に間接的にうまく「No」と伝えられる英語のフレーズを紹介(写真:Nastia11/iStock)  
ネイティブがよく使う! 英会話 瞬間返しフレーズ100』著者のカリン・シールズ氏が、「No」と言えない日本人に向けて、絶妙な言い方を伝授します。

日本人が「No」と言えないということは、よく知られています。「No」と言いたい場合でも、そのように直接表現することはほとんどありません。ですから外国人は、相手が賛成していると思っても、物事がうまくいっていると思っても、取引が成立したと思っても、「そうでないことがある」ということを知っておかねばならないのです。

実際の商取引などでは、曖昧なやり取りはないとはいえ、ビジネスマナーの現場においては、やはり混乱することが多いのも事実です。

通常、はっきりと「No」を示さない人というのは、信用を得ることはできません。「相手の意見に賛成しているように見せて、実は裏では反対している」ことになるからです。このような態度は、人を傷つけたり、混乱させたりします。ですから、英語を話す人であれば誰でも、簡単だけれどもうまい「No」の言い方を知っておくことはかなりプラスになるはずです。

例えば、突然の誘いというのは、多くの人にとってストレスです。本当は「No」と言いたいのに、相手に失礼にならないようにと、結局「Yes」と言ってしまう方も多いことでしょう。このようなときに、間接的ではあっても、はっきりと「No」を伝える言い方があるのです。

100%の「No」の表現

誘いに対して、いちばん簡単に「No」を伝える方法は、“Unfortunately no.” もしくは“Unfortunately not.”。どちらも「申し訳ありませんが、ダメなのです」という意味となります。

この表現には「とても残念だけど」という気持ちが含まれていますし、それでいてはっきり相手に「No」と伝えることができます。この返答はパーセントで表現すれば100%「No」の返事です。

A:  Do you have time for lunch? (ランチする時間はありますか?)
B:  Unfortunately not. (申し訳ありませんが、ありません)

この返事を聞けば相手は、あなたは本当は行きたいのに行けないのだ、と感じてくれます。Unfortunately no.も同じように使えます。

次ページ95%〜85%の「No」は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。