相手を不快にさせない!絶妙な「NO」の伝え方

知っておくと超便利な英語フレーズはこれだ

日本人は、思ったことや気持ちを言葉にしないのが普通です。例えばもしあなたが、何かをすることが「難しい」と言った場合、それが「できない」のか「やりたくない」のかはわかりません。そして、解釈は聞く側に任されます。このような会話を英語では「行間を読む」と言います(日本では「空気を読む」とも言いますね)。

はっきりと「No」と言ったほうが相手に伝わる

言葉にされなかった内容を理解する、というコミュニケーションの方法です。英語では日本語ほどではないにせよ、このようなコミュニケーション方法がとられることもあります。

『ネイティブがよく使う! 英会話 瞬間返しフレーズ100』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ですから、日本語でのコミュニケーションがまったく理解できないわけではありません。もしあなたがダメな理由やその訳を言いたくないなら、それで問題ありません。

とはいえ、わかりやすいコミュニケーションをとることは、英語では好意的に受け止められます。“Say what you mean, mean what you say.”「思っていることをちゃんと言いなさい。言うからには本気で言いなさい」ということです。

よって、はっきり「No」と言いましょう。でも、ちょっとポジティブに。直接的な「No」である必要はありませんが、はっきりと「No」を伝えましょう。そうすれば、きちんと気持ちは伝わりますし、相手もそれに沿った行動をとることができます。

はっきりと、しかしやんわりと「No」を伝える方法はいくつもあります。誰だって、あからさまに「No」と言われたくはありません。

もちろんネイティブも、きつい言い方で「No」と言われるよりは、やんわりと言われたいのです。「No」を言うならはっきりと、でもぞんざいな言い方にならないように気をつけたいものです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。