G20首脳会議は米中貿易戦争を止められるのか

「サミットに失敗なし」の格言は生きている

さて、ここからは競馬ファン御用達のコーナーだ。今週末は今年上半期を締めくくる宝塚記念(G1、23日阪神競馬場11R、芝2200m)だ。古馬中距離路線の実力馬によるグランプリレースで、今年もスターホースが集結している。

このレース、梅雨時のレースということもあって、ひと癖ある結果が出ることが多い。端的に言えば、春先の大阪杯(阪神競馬場、芝2000m)では1着アルアイン、2着キセキという結果になったが、たぶん同じような結果にはならない。暑い季節の湿気を含んだ芝においては、むらっけのある馬が集中力を見せて粘ったり、外枠の意外な馬が飛び込んで来たり、あるいは「タカラヅカ」だけあって牝馬が健闘したりする。

宝塚記念はエタリオウ、リスグラシュー、レイデオロ3頭

そこで狙い目はエタリオウ(3枠3番)。ど根性タイプで、1着には縁のない「シルバーコレクター」だが、ここで初G1を獲得する馬が多いのも宝塚記念の特色である。週末の天気が荒れそうなこともこの馬にはプラス。初騎乗の横山典弘騎手もこのレースには相性が良い。

もう1頭はリスグラシュー(8枠12番)。このレースにおける唯一の牝馬で、昨年秋以降は連を外していない。大外枠のピンク帽という点が、3年前に優勝したマリアライトを髣髴とさせる。

さらにレイデオロ(2枠2番)はドバイ遠征で負けた後とはいえ、さすがに上位に来るのではないか。当日は上記3頭の組み合わせで。馬連か3連複かワイドかは、当日のオッズと馬場状態を見て決めるとしよう。

今年上半期のG1は悔しいレースが多かった。この週末くらいは笑って夏本番を迎えたいものである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。