「飲食経験ゼロからCEO」48歳元SEの異色の経歴

大事なのは「世界に目をむける」ことだ

海保さんが幼い頃に熱烈に興味を惹かれたのは、パソコンだったという。世の中でまだまだパソコンの認知度が低い時代。コンピューターを初めて見たときの衝撃は、ほとんどひと目惚れのようなものだった。

「パソコンの知識を身に付けることが、これからの働き方には重要だ」と、その必要性を早くから感じ取っていた海保さん(写真:OCEANS)

「小学5年生頃から興味を持ち始めて、雑誌を見てはため息をついていました。当時はマイコン、マイクロコンピューターって言っていましたが。手に入らないなかで本や雑誌で知識だけは増えていって…… 。中学生になってやっと買ってもらえたときは、うれしかったですね」

「パソコンの知識を身に付けることが、これからの働き方には重要だ」と、その必要性を早くから感じ取っていた学生時代。大学入学後もその興味は薄れず、就職活動はシステムエンジニア一本に狙いを定めた。1992~1993年にかけて、バブル崩壊によって日本の経済状況が一変する最中だった。

SE時代に培った経験がチャンスをくれた

「最初から開発に行きたいという気持ちがありました。エンジニアの世界で知識を身に付けて、いずれは商社にいこうと思っていたんです。その頃から海外との貿易や世界と関わる仕事に興味があった」

夢中になってかき集めたパソコンの知識は、意外なところで役に立った。

「面接の際、人事担当の人とコンピューターの機種名やスペックですごく盛り上がったんですよ(笑)。もうとにかく知識だけは持っていたので。それが決め手だったと思います」

運も手伝って大手メーカー系のシステムエンジニアとして採用。最初は転職も視野に入れていたが、気づけば12年。すっかりベテランと呼ばれる域にまで到達していた。34歳で転職を決めたのは、いったいなぜだったのだろう。

「30歳を過ぎてシステムエンジニアにおける分岐点を迎えたんです。業界的な慣習ですが、この頃になると開発は若手に任せて、古株は営業に回されるようになる。現場を離れる35歳が区切りかなと考えていました」

どうせ転職するのなら新しいことに挑戦したい。そう考えていた矢先に声をかけてきたのは、仕事で親交のあったアメリカ人だ。

次ページ34歳でIT業界からファッション業界へ転身
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT