「飲食経験ゼロからCEO」48歳元SEの異色の経歴

大事なのは「世界に目をむける」ことだ

ウマミバーガー ジャパンCEOの海保達洋さん。異業種の仕事を経験してきたからこそ、ある一貫した価値観を持っているという(写真:OCEANS)

「『うまいバーガー屋があるんだけど行ってみないか?』 このひと言で私のキャリアが大きく変わりました」

そう語るのはハンバーガーショップ「UMAMI BURGER JAPAN(ウマミバーガー ジャパン)」のCEOを務める海保達洋さん(48歳)。オールバックの髪にサングラス、シャツの胸元から覗くシルバーアクセサリー……。

SNSでのぞき見た海保さんのルックスは、いかにもイケイケの社長という印象だったが、実際に会うとその物腰は柔らかかった。

待ち合わせ場所は、2017年にオープンした日本1号店・ウマミバーガー 青山店。目の前のセントグレース大聖堂では幸せそうなカップルがウエディングドレスとタキシードに身を包み、体を抱き寄せて写真を撮っているのが見える。

急成長を遂げるウマミバーガーCEOの意外な経歴

2009年にロサンゼルスで誕生して以降、全米に約20店舗を構えるほか、日本、メキシコ、バハマ……と急成長を遂げるウマミバーガー。海保さんはその日本支社のCEOを務める一方、アイウェアブランドやアクセサリーなどアパレルの輸入代理業も行っている。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

多忙でしょうと聞くと、「日々のルーティンなんてないようなものです」と言って笑う。

ウマミバーガーの出店計画を着々と進めるときもあれば、来日した外国人のアクセサリーデザイナーと一緒に各地のイベントをこなすため飛び回るときもある。もっとも、主に最近はアメリカとやりとりを重ね、日本のウマミバーガーブランドを作り上げるために試行錯誤する日々だ。

さぞ、アメリカンカルチャーとの付き合いを深め、アパレル業界でたたき上げてきたのだろう……と思いきや、もともとはSE(システム・エンジニア)として、IT畑に長らく籍を置いていたという海保さん。

なぜLAのハンバーガーレストランを手がけることになったのだろうか。海保さんの半生と衰えない挑戦の軌跡をたどってみた。

次ページ幼い頃に熱烈に興味を惹かれたパソコン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT