命まで奪われかねない「アポ電強盗」の恐怖

自分は詐欺に遭わないと70歳超の半数が油断

他人事ではありません。アポ電強盗に遭わないために、私たちが知っておくべきことを紹介します(写真:yamasan/PIXTA)
強盗殺人事件にまで発展した「特殊詐欺」被害を防ぐにはどのようにすればいいのでしょう? 「認知件数」や「被害額」「年代別の意識」など、特殊詐欺の推移や最新の状況について、警視庁犯罪抑止対策本部の山上嘉人警視にお聞きしました。

アポ電強盗とは?

2019年1~2月に、あらかじめ家に現金があるかどうかを電話で確かめた上で強盗に押し入る事件が、東京都内で3件続けて発生しました。そのうちの1件は、被害者が亡くなり強盗殺人事件にまで発展しています。警視庁は強盗殺人などの疑いで3人の男を逮捕しましたが、まだほかに犯人グループがいるかもしれません。怖いですね。

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

このような犯人たちが犯行前にかけてくる電話はアポイントメント電話、あるいは犯行予兆電話と呼ばれていて、アポ電という通称で知られています。ニュースで一度は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

このアポ電は、元々は振り込め詐欺などをはじめとする「特殊詐欺」で被害者をだますために用いられていた手口で、今回発生したアポ電強盗は、その手口から派生した犯行の一つです。

特殊詐欺の被害が注目され始めたのは2000年代の前半でした。警察と金融機関などの連携も進み、09年ごろには認知件数は一度落ち着いたのですが、その後は犯人たちも新たな手口を考え出してはお金をだまし取り、警察はその対策を取る、といったイタチごっこが続き、依然、被害は続いています。

次ページアポ電強盗は人口の多い都市に集中
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT