命まで奪われかねない「アポ電強盗」の恐怖

自分は詐欺に遭わないと70歳超の半数が油断

他人事ではありません。アポ電強盗に遭わないために、私たちが知っておくべきことを紹介します(写真:yamasan/PIXTA)
強盗殺人事件にまで発展した「特殊詐欺」被害を防ぐにはどのようにすればいいのでしょう? 「認知件数」や「被害額」「年代別の意識」など、特殊詐欺の推移や最新の状況について、警視庁犯罪抑止対策本部の山上嘉人警視にお聞きしました。

アポ電強盗とは?

2019年1~2月に、あらかじめ家に現金があるかどうかを電話で確かめた上で強盗に押し入る事件が、東京都内で3件続けて発生しました。そのうちの1件は、被害者が亡くなり強盗殺人事件にまで発展しています。警視庁は強盗殺人などの疑いで3人の男を逮捕しましたが、まだほかに犯人グループがいるかもしれません。怖いですね。

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

このような犯人たちが犯行前にかけてくる電話はアポイントメント電話、あるいは犯行予兆電話と呼ばれていて、アポ電という通称で知られています。ニュースで一度は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

このアポ電は、元々は振り込め詐欺などをはじめとする「特殊詐欺」で被害者をだますために用いられていた手口で、今回発生したアポ電強盗は、その手口から派生した犯行の一つです。

特殊詐欺の被害が注目され始めたのは2000年代の前半でした。警察と金融機関などの連携も進み、09年ごろには認知件数は一度落ち着いたのですが、その後は犯人たちも新たな手口を考え出してはお金をだまし取り、警察はその対策を取る、といったイタチごっこが続き、依然、被害は続いています。

次ページアポ電強盗は人口の多い都市に集中
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。