命まで奪われかねない「アポ電強盗」の恐怖

自分は詐欺に遭わないと70歳超の半数が油断

年代を問わず、「自分はだまされない」という思い込みを捨てられていない人が多いというのです。「相手は詐欺のプロです。電話で話してしまうと、必ずだまされてしまうと認識することが必要です」と、山上警視。

それでも「私は大丈夫」と思う人は、警視庁や東京都、経済団体、労働団体、防犯団体などが運用する『特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京』のウェブサイトなどで公開している、実際にかかってきたアポ電の音声を聞いてみるといいかもしれません。犯人たちは実に丁寧かつ柔らかな口調で銀行員や市役所職員などを装っていて、ついだまされてしまいそうになる手口の巧妙さ、複雑さがうかがえます。

留守番電話機能を活用

このような犯人たちにだまされないために最も有効なのは、犯人からの電話に出ない、ということに尽きます。そのためには留守番電話機能を利用するのがよいでしょう。

アポ電は、平日の昼間に家庭の固定電話にかかってくることがほとんど。最近は携帯電話でかけてくることは少なく、番号非通知や知らない固定電話の番号からかかってくることが多いそう。

山上警視は「一度留守電に用件を吹き込んでもらい、相手が分かった上で、必要な場合はかけ直す、というようにしましょう」と呼びかけています。

犯人たちのペースに巻き込まれず、一度落ち着いて考える時間を持つことが、だまされないための秘訣です。かかってきた電話番号が分かるナンバーディスプレーも有効な対策の一つですが、各家庭に普及しているとはいえず、有料だったり利用できないタイプの電話回線もあったりしますので、あくまで留守番電話機能を主に使用し、それと併用するのがより安全だと言えます。

ほかにも、「通話内容を録音します」というメッセージとともに自動で通話を録音してくれる自動通話録音機や、非通知の着信などを拒否する迷惑防止機能付電話もあるので、活用すればより安心ですね。これらの機器は自治体によっては無料貸し出しも行っているので、「留守番電話だけでは少し不安」という人は、居住地の自治体、あるいは最寄りの警察署に一度相談してみるのがよいでしょう。

ただ前述の通り、相手は詐欺のプロ。つい電話に出てしまい、うっかりお金について犯人に話してしまう場合も。そういうときは最寄りの警察署へ通報しましょう。緊急の場合は110番へ。犯人は待ってはくれませんので、ためらわないことが大切ですよ!

取材・文/仁井慎治

<教えてくれた人>
山上嘉人(やまがみ・よしと)警視/警視庁犯罪抑止対策本部 企画・統計担当管理官。警視庁が進める「特殊詐欺対策プロジェクト」に関わる。このプロジェクトに関係する、詐欺事件の捜査を行う刑事部や暴力団事件を扱う組織犯罪対策部など複数の部署間の調整、企画を担当している。
毎日が発見ネットの関連記事
義父が娘の写真を勝手にブログに…!不用意すぎてモヤモヤ
インド人実業家が教える「運がよくなるたった1分のルール」とは?
山里亮太さん「ありがとうのカツアゲ」 エレベーターを降りる時の"気遣い"って本当に必要?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT