「八王子スーパー強盗殺人」3人銃殺の深い謎

22年前の未解決事件、残虐な犯行が明らかに

1995年に発生した事件の真相はいまだわかっていない(写真はフジテレビ提供)

「この骨壺を抱いて、『今年中に犯人を捕まえる』と誓って下さい」

1995年7月、東京・八王子市のスーパー「ナンペイ」の事務所の中で、女子高生2人を含むアルバイト従業員の女性3人が何者かに射殺された事件は今年で発生から22年が経った。

フジテレビの取材に答えたこの事件の専従捜査員は、無残に命を奪われた被害者の遺族から冒頭の切なる思いを告げられたという。女子高生2人とアルバイト従業員の女性は事件に巻き込まれていなければ、多くのすばらしい人生の瞬間と巡り会うことができたはず。そして愛する人を失った被害者の家族、友人の人生にとっても、大きな悲しみの上に、どれだけの喪失感や虚無感をもたらしたか計り知れない。

日本の安全神話が崩れた年に起きた事件

事件が発生した1995年は地下鉄サリン事件などオウム真理教による事件が次々と発生し、警視庁は全庁を挙げてオウム事件捜査にあたっている最中だった。駅のゴミ箱は次々に撤去され、ひと駅ごとに警察官が毎日警戒にあたっていたが、新宿駅のトイレでは毒ガスが発見されたり、オウム真理教がヘリで毒ガスを散布するXデーが報じられたり(実際Xデー当日に休みになる学校も出たほど)国民はまさに恐怖におびえる日々を送っていた。

住宅地のスーパーで起きた凄惨な事件に日本中が騒然となった(写真はフジテレビ提供)

地下鉄サリン事件、警察庁長官銃撃事件など未曾有の事件が日本中の耳目を集め、日本の安全神話が音を立てて崩れていくような喧騒の中にあったあの年の真夏の夜、スーパー「ナンペイ」殺人事件は起きた。その衝撃はすぐに日本中を震撼させた。

事件から22年にわたり、これまでフジテレビ取材班は多くの捜査員や事件関係者に実際に会い、話を聞いてきた。

次ページ強盗目的かと思われたが、怨恨なのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。