「発言小町」読売新聞社が手がける掲示板の実像

1日2000件の投稿が語る女性の本音

大手小町/発言小町の編集長・小坂佳子さん(写真:news HACK by Yahoo!ニュース)
1999年10月にスタートした掲示板「発言小町」が、まもなくサービス開始20周年を迎えます。さまざまなネットのサービスが生まれては消えたこの20年間。発言小町は当初から変わらず、女性たちの「本音」を打ち明ける場になっています。
月間1億4000万PV、ピーク時には2億PVも達成したという発言小町を、読売新聞社がなぜ始めたのか。平均して1日2000件はあるという膨大なトピック(トピ)やレスを一体どのような体制で確認し、運営しているのか。大手小町/発言小町の編集長・小坂佳子さんに聞きました。

1日2000件の投稿は、すべて「人の目」で確認

――発言小町が立ち上げられた1999年は、今のように女性向けウェブメディアが多くなかった頃ですよね。

「発言小町」トップページより(写真:news HACK by Yahoo!ニュース)

インターネットのれい明期でしたね。当時のメディア企画局の担当部長の「新聞とパソコンを小脇に抱えて大手町を闊歩する小野小町」というアイデアをもとに、「大手小町」というコーナーをニュースサイト「ヨミウリ・オンライン」の中に作ったんです。そこに、現代版井戸端会議の場を設けようということで掲示板「発言小町」を発案しました。

当時は、インターネット自体がまだ女性たちに広く利用されていたわけではなかった頃。女性向けのお悩み相談ができる場所を作るのは、本当に初めての試みだったと思います。

女性向けという視点で見ると、読売新聞は、日本で最初に本格的な「婦人面」をつくった歴史があるんです。発言小町に通じる、女性の声を届けるという意識は、かなり以前から持っていました。婦人面が始まったのは1914年。当時の紙面を見てみると、最初の婦人面に載っているのが「コーヒーゼリーの作り方」という記事でした。現代の女性向けコンテンツにも通じるところがあるかもしれません。

次ページ長く運営する秘訣は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。