「発言小町」読売新聞社が手がける掲示板の実像

1日2000件の投稿が語る女性の本音

大手小町/発言小町の編集長・小坂佳子さん(写真:news HACK by Yahoo!ニュース)
1999年10月にスタートした掲示板「発言小町」が、まもなくサービス開始20周年を迎えます。さまざまなネットのサービスが生まれては消えたこの20年間。発言小町は当初から変わらず、女性たちの「本音」を打ち明ける場になっています。
月間1億4000万PV、ピーク時には2億PVも達成したという発言小町を、読売新聞社がなぜ始めたのか。平均して1日2000件はあるという膨大なトピック(トピ)やレスを一体どのような体制で確認し、運営しているのか。大手小町/発言小町の編集長・小坂佳子さんに聞きました。

1日2000件の投稿は、すべて「人の目」で確認

――発言小町が立ち上げられた1999年は、今のように女性向けウェブメディアが多くなかった頃ですよね。

「発言小町」トップページより(写真:news HACK by Yahoo!ニュース)

インターネットのれい明期でしたね。当時のメディア企画局の担当部長の「新聞とパソコンを小脇に抱えて大手町を闊歩する小野小町」というアイデアをもとに、「大手小町」というコーナーをニュースサイト「ヨミウリ・オンライン」の中に作ったんです。そこに、現代版井戸端会議の場を設けようということで掲示板「発言小町」を発案しました。

当時は、インターネット自体がまだ女性たちに広く利用されていたわけではなかった頃。女性向けのお悩み相談ができる場所を作るのは、本当に初めての試みだったと思います。

女性向けという視点で見ると、読売新聞は、日本で最初に本格的な「婦人面」をつくった歴史があるんです。発言小町に通じる、女性の声を届けるという意識は、かなり以前から持っていました。婦人面が始まったのは1914年。当時の紙面を見てみると、最初の婦人面に載っているのが「コーヒーゼリーの作り方」という記事でした。現代の女性向けコンテンツにも通じるところがあるかもしれません。

次ページ長く運営する秘訣は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。