ニューヨークでネコの爪除去が禁止になった訳

法案が施行されれば州としてアメリカ初

ネコの爪除手術は激しく長い痛みを与えることになるため、禁止する法案がニューヨーク州で可決された(写真:いがぐり/PIXTA)

ネコ科動物のエンパワーメントにとって歴史的勝利だ。ニョーヨーク州議会は6月4日、ネコの爪除去を禁止する法案を可決した。法案が施行されれば、アメリカの州として初となる。

同法案は複数の獣医師団体が何年にもわたって求めていたもので、医療的な必要性がある場合を除いていくつかの種類の爪除去手術を禁止し、「美容あるいは審美的な理由」ではいかなる手術も禁じるというものだ。

不必要で痛みを伴う手術

法案を提出したリンダ・ローゼンタール議員(民主党)は、美容あるいは審美的な理由で行われる爪除去手術には、飼い主が「ネコより家具のほうが大事だと思っている」ケースも含まれると指摘する。「(爪除去手術は)不必要で、痛みを伴いネコに問題をもたらす」と、爪のある2匹のネコ、キティとヴィダを飼っているローゼンタールは言う。「ただ残酷なだけだ」。

動物愛護団体「アメリカ人道協会(HSUS)」によると、ニューヨーク州のほかにもロサンゼルスやデンバーなどの都市で爪除去手術が禁止されており、カリフォルニア州やニュージャージー州、マサチューセッツ州など複数の州が禁止を検討している。HSUSはニューヨーク州の法案を歓迎している。

「爪除去は便宜的な手術で、合併症の発症率が非常に高く、ネコにとって利益はない」と、HSUSニューヨーク支部のブライアン・シャピロ代表は言う。手術によってネコはかむことが増え、トイレを使わなくなり、結果としてシェルターに持ち込まれることが多いという。

ニューヨーク州の法案はアンドリュー・クオモ知事(彼はイヌ派だ)の承認を得て施行される。クオモは4日、州知事室は法案を再吟味すると述べ、施行されれば違反者には罰金1000ドルが科される。

法案が可決したのは、州議員らが党の垣根を超えて参加する「動物愛護の日」の最中だった。この日はペットの飼い主らが州議事堂に集まり、民主党員と共和党員が互いの法案をたたえ合い、互いのペットをかわいがった。

次ページ爪除去、支持者と反対者の言い分
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。