就活「インターンから早期選考」常態化の実態

8割以上の学生が「参加は有利」と感じている

もちろんインターンシップに参加した学生の中に「有利ではない」と考える者もいる。ただし、その割合は「有利」とする学生の7分の1もない。

下記に「有利ではない」とする理由も紹介するが、優遇されずに落とされた経験を挙げている。「有利」とする学生の理由も個人的な経験だった。当たり前だが、すべての学生にとってインターンシップが有利に働くということではないようだ。

「完全に企業によると思う。座談会や特別イベントへの案内は多いが、内定直結などはなかったため」(中央大学・文系)

「インターンシップに参加しても選考で落とされたため」(大阪大学・文系)

「インターンシップに参加した企業はすべて書類で不合格になっているので」(茨城大学・理系)

インターンシップが就活の「高速バイパス」に

これまでの就活は、規制が多くて渋滞する場所で競技するのに似ていると思う。採用広報の解禁、採用選考の解禁が一斉に始まるので、就活生はその混雑に苦しんできた。

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

しかし、ほかのルートがないのだから仕方がない。就職したければ、プレエントリーや会社説明会などの正規ルートに乗らなくてはならない。そして、過度の集中によって渋滞が発生する。

しかし、2020年卒でインターンシップが進化し、新たな就活ルートができたようだ。インターンシップに参加した就活生はプレエントリーや説明会予約を自分でやらなくても、エスカレーター式に就活ステップが進んでいく。説明会に出席しなくても選考に進めるし、面接回数も少なくて済むこともあるようだ。インターンシップは就活の高速バイパスと化しているように見える。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。