マイクロソフト、“戦略ミス”で思わぬ不振 

5000人削減の過激リストラ

 

好調アップルにはジョブズ問題の不穏

一方、ウィンテルの「古くて新しい」ライバル、アップルは好調だ。iPodの販売台数が過去最高を更新し、10~12月期は四半期で初めて売上高100億ドルを突破した。

ただし、大きな懸念もある。同社の「顔」であるスティーブ・ジョブズCEOの健康問題だ。過去にガンを患ったこともあり、昨年9月の発表会で“激やせ”した姿が臆測を呼んだ。例年、基調講演を務める年明けの「マックワールド」不参加を12月半ばに表明し、不安視する声はピークに。1月5日、ジョブズ氏は書簡で「ホルモンバランスの異常」が原因と明かしたうえで、治療をしながら「CEOを続ける」とした。だが、わずか9日後、健康問題が「予想よりも深刻だった」とあらためて公表。6月末まで休職し、その間はティム・クック最高執行責任者(COO)が日常の業務を取り仕切ることになった。

革新的な製品を次々と投入し、業績を伸ばし続けてきたアップル。最大の牽引役が、製品開発から販促、宣伝広告まで自ら細かく取り仕切っていたジョブズ氏だった。仮に引退となれば、「窮地に陥る可能性は高い」と『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』の共同著者ジェフリー・ヤング氏は見る。個々の分野に長けた優秀な人材はいるが、「ジョブズ氏の能力に足る人物は社内にはいない」(同氏)からだ。社外からのトップ招聘もうわさされるが、ジョブズ氏を凌ぐ独創性やカリスマ性を持つ人物はなかなか見当たらない。療養期間が長期化するようだと、当然、アップルの先行き不安も高まる。

世界的不況が色濃くなる中、数限られてきた「成長企業」も盤石とは言い切れない事情を抱えている。

 

 

の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT