マイクロソフト、“戦略ミス”で思わぬ不振 

5000人削減の過激リストラ

 

好調アップルにはジョブズ問題の不穏

一方、ウィンテルの「古くて新しい」ライバル、アップルは好調だ。iPodの販売台数が過去最高を更新し、10~12月期は四半期で初めて売上高100億ドルを突破した。

ただし、大きな懸念もある。同社の「顔」であるスティーブ・ジョブズCEOの健康問題だ。過去にガンを患ったこともあり、昨年9月の発表会で“激やせ”した姿が臆測を呼んだ。例年、基調講演を務める年明けの「マックワールド」不参加を12月半ばに表明し、不安視する声はピークに。1月5日、ジョブズ氏は書簡で「ホルモンバランスの異常」が原因と明かしたうえで、治療をしながら「CEOを続ける」とした。だが、わずか9日後、健康問題が「予想よりも深刻だった」とあらためて公表。6月末まで休職し、その間はティム・クック最高執行責任者(COO)が日常の業務を取り仕切ることになった。

革新的な製品を次々と投入し、業績を伸ばし続けてきたアップル。最大の牽引役が、製品開発から販促、宣伝広告まで自ら細かく取り仕切っていたジョブズ氏だった。仮に引退となれば、「窮地に陥る可能性は高い」と『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』の共同著者ジェフリー・ヤング氏は見る。個々の分野に長けた優秀な人材はいるが、「ジョブズ氏の能力に足る人物は社内にはいない」(同氏)からだ。社外からのトップ招聘もうわさされるが、ジョブズ氏を凌ぐ独創性やカリスマ性を持つ人物はなかなか見当たらない。療養期間が長期化するようだと、当然、アップルの先行き不安も高まる。

世界的不況が色濃くなる中、数限られてきた「成長企業」も盤石とは言い切れない事情を抱えている。

 

 

トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。