「死ね」が口癖の27歳夫となぜ離婚できないのか

最低ランクのモラハラ夫に耐えてしまう人

伴侶の暴言・暴力に苦しみつつも、金銭的不安から離婚に踏み切れない人が多い(写真:Ushico/PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの人生相談および、家族関係や親子問題のお悩み相談は専用メール専用サイトで受け付けています。質問は400字以内でお願いします。回答は著者の新著『あらゆる悩み・不満・ストレスが消える!最強の人生相談〈家族・結婚・夫婦編〉―ビジネスの成功にも共通する 人間関係、深すぎる40の教訓』の相談と内容が被らないものを優先し、本連載で掲載します。

私は30歳で夫27歳です。交際3年後結婚して4年になり、5カ月の子どもがいます。
何かにつけて「死ね、ボケ、消えろ」と私を罵倒する夫に怯える日々で、私の心は死んでいるのも同然です。それでも私は夫が嫌いでなく、離婚は避けたいのです。
もともと小さな怒りでも冷静さを失い、瞬間湯沸かし器のように暴言を立て続けに吐く人でしたが、結婚してそれがひどくなりました。
結婚当初から平気でうそを並べ、カードで浪費し、少しでも気に入らないとすぐに怒り、物を壊し、私の髪の毛を引っ張ったり、突き飛ばしたりしました。私の言い分に聞く耳を持たず、泣いて謝っても、「クズ」などと言って逆上するだけです。
社宅に住んでいますが、夜中でも明け方でも怒りをぶちまけるので、隣近所から虐待を心配されて声をかけられるほどです。夫が冷静になったときに話し合いを重ね、少しはましになったこともありますが、すぐにカッとなって暴言で怒鳴り散らす癖は直りません。せめて子どもの前ではそれをやめるよう頼んでも、怒りを抑えることができないようです。
私自身逃げ道がないためヒステリックになったり、たまに自傷行為をしてしまいます。夫に殺意を覚えたこともありますし、離婚を考えたことも何度もあります。
しかし私は専業主婦で収入も貯金もなく、なかなか踏み切れません。
私の人生はもう諦めていますが、子どもは素直に穏やかに育ってほしく、夫に似ないか、まねないかも心配です。
この暴力的な短気は一生直らないと思いますが、私にできることはありますか?
匿名希望

離れるのが先決で、金銭問題は二の次

つらい生活に耐えてこられましたね。その気持ちと悩み、痛いほどわかります。伴侶の暴言・暴力に苦しみつつも、金銭的不安から離婚に踏み切れない悩みは多くの相談者の方が抱えています。ただ、このケースの私の回答は一貫しています。子どもを守るためにもまずは別居で暴力夫から離れるのが先決で、金銭問題は二の次です。

この連載の記事一覧はこちら

問題は、このままでは現状維持すらも不可能で、状況がエスカレートして悪化していくだけなのが見えていることです。彼と一緒にいるかぎり、あなたの心は腐り続けるか、病んでいきます。

次ページモラハラ夫との離婚回避、その末路は…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。