日本がトランプ大統領の「攻撃」をかわす方法

トランプ訪日後の日米通商協議を予想する

トランプ大統領はなんだかんだいっても日本の「SUMO文化」の魅力を発信してくれた。だがこのあと何が待っているのか(写真:Andrea Hanks/White House/UPI/アフロ)

ドナルド・トランプ大統領が訪日中にツィートしたビデオクリップが、ちょっといい感じである。ホワイトハウスが配信したわずか43秒間の映像なのだが、5月26日の大相撲千秋楽の国技館の情景をうまく切り取っていて、すでに450万回以上も閲覧されている。音を大きくして聞くと、迫力がありますぞ。

悠々と日本滞在を楽しんだトランプ大統領

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

力士が四股を踏み、塩をまく。懸賞金がかかり、観客席が息をのむ。土俵を掃き清め、水を打ち、行司が軍配を挙げる。そして巨体がぶつかり合い、勝負がつく。いつもの大相撲の所作のひとつひとつが、なんと美しく見えることか。

最後は、合衆国大統領杯を授与するトランプ御大が登場する。さすがはショーマン、絵になっているではないか。「アサノヤマ」と「レイワ・ワン」も間違えずに言ってくれた。事前に心配されたように、靴のまま土俵に上がるんじゃないかとか、面白がって座布団を投げる客がいるんじゃないかとか、さすがにそんなことはなかった。お陰で世界に向けて、日本のSUMO文化の魅力が発信されたことになる。

アメリカ大統領が国賓として訪日するのは、2014年4月のバラク・オバマ大統領以来のこと。あのときは2泊3日で、しかもオバマさんは初日の夕方にやってきて、3日目の朝にはソウルに発ってしまうというキツキツの日程だった。かろうじて銀座「すきやばし次郎」での会食が記憶に残るが、オバマさんは「伝説の鮨」そっちのけで、安倍晋三首相にTPP交渉での譲歩を迫った。よく言えばビジネスライク、悪く言えばKYな国賓訪問であったのだ。

そこへ行くと、トランプさんは3泊4日、悠々と日本滞在を楽しんでくれた。ゴルフに大相撲、炉端焼きなど、「接待攻勢」が目に余るという批判もあったが、長い日米関係の歴史の中でもほほえましい思い出の1ページが残ったのではないか。

次ページ滞在中「トランプご一行」が最も喜んだこととは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT