日本がトランプ大統領の「攻撃」をかわす方法

トランプ訪日後の日米通商協議を予想する

トランプ大統領はなんだかんだいっても日本の「SUMO文化」の魅力を発信してくれた。だがこのあと何が待っているのか(写真:Andrea Hanks/White House/UPI/アフロ)

ドナルド・トランプ大統領が訪日中にツィートしたビデオクリップが、ちょっといい感じである。ホワイトハウスが配信したわずか43秒間の映像なのだが、5月26日の大相撲千秋楽の国技館の情景をうまく切り取っていて、すでに450万回以上も閲覧されている。音を大きくして聞くと、迫力がありますぞ。

悠々と日本滞在を楽しんだトランプ大統領

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

力士が四股を踏み、塩をまく。懸賞金がかかり、観客席が息をのむ。土俵を掃き清め、水を打ち、行司が軍配を挙げる。そして巨体がぶつかり合い、勝負がつく。いつもの大相撲の所作のひとつひとつが、なんと美しく見えることか。

最後は、合衆国大統領杯を授与するトランプ御大が登場する。さすがはショーマン、絵になっているではないか。「アサノヤマ」と「レイワ・ワン」も間違えずに言ってくれた。事前に心配されたように、靴のまま土俵に上がるんじゃないかとか、面白がって座布団を投げる客がいるんじゃないかとか、さすがにそんなことはなかった。お陰で世界に向けて、日本のSUMO文化の魅力が発信されたことになる。

アメリカ大統領が国賓として訪日するのは、2014年4月のバラク・オバマ大統領以来のこと。あのときは2泊3日で、しかもオバマさんは初日の夕方にやってきて、3日目の朝にはソウルに発ってしまうというキツキツの日程だった。かろうじて銀座「すきやばし次郎」での会食が記憶に残るが、オバマさんは「伝説の鮨」そっちのけで、安倍晋三首相にTPP交渉での譲歩を迫った。よく言えばビジネスライク、悪く言えばKYな国賓訪問であったのだ。

そこへ行くと、トランプさんは3泊4日、悠々と日本滞在を楽しんでくれた。ゴルフに大相撲、炉端焼きなど、「接待攻勢」が目に余るという批判もあったが、長い日米関係の歴史の中でもほほえましい思い出の1ページが残ったのではないか。

次ページ滞在中「トランプご一行」が最も喜んだこととは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。