東大生の「必ず伝わる説明の技術」が凄すぎた

「ドラえもん」を知らない人にどう説明する?

これで「相手が何を理解できるか」ということが明確になりました。

「他の本を読んで経験しているような、本の魅力」と「数字でわかる、他と比較できる肩書」ですね。次はこれを、「自分の伝えたいもの」とつなげていけばいいのです。

ゴールから「逆算」して伝える

STEP2:自分の伝えたいものとつなげる

現状は「ゴール」が明確化した状態です。ここから先は、そこから逆算して「スタート」とつながる道を探していきましょう。スタートとゴールがつながれば、問題は解決です。

まずは「他の本を読んで経験しているような、本の魅力」について。

さて、「ドラえもん」の魅力とはどんなものでしょう? 読んだことのある人でも、「魅力」を問われるとすぐには出てこないですよね。

『“なぞなぞ"&“身近なテーマ"で楽しみながら「自分で考える力」を鍛える 東大ドリル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

でも、よくよく考えてみるとあの作品ってドラえもんという「未来の世界のロボット」が出てくる「SF(サイエンスフィクション)」の作品なんですよね。

未来の世界の科学テクノロジーが登場し、現代に生きるのび太くんの日常の問題を解決してくれるからこそ、読んでいて「ワクワク」する、というわけです。『ターミネーター』でも『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でも、未来の話が出てきて「ワクワク」させられる作品というのは多いですよね。ドラえもんを読んでいなくても、この「ワクワク」は伝わるかもしれません。

もし今のような魅力を思いつかなければ、「他の本でどう魅力を説明しているのか」を探してみるのは非常にオススメです。他の本の帯や、有名な作品のキャッチコピーの中には、きっとヒントになる伝え方があるはずです。未来のことを取り扱った作品がどういうふうなキャッチコピーで紹介されているのかを調べて、「その言葉をこの作品に応用するならどうすればいいんだろう?」と考えてみればいいはずです。

次に「数字でわかる、他と比較できる肩書」ですが、これはもうドラえもんは鬼のようにたくさんあります。40年以上アニメが放送されていて、毎年のように映画化されている、大人から子どもまで楽しめるコンテンツ。時を超えて愛される、多くの作品に影響を与えた不朽の名作。それがドラえもんですよね。

このように、「何を伝えれば効果的なのか」というゴールから逆算して魅力を探してみる。この思考こそが、「他者視点」なのです。

STEP2
・相手が経験していることを、自分の伝えたいこととつなげて考える
・もしつなげられなければ、他の説明を調べて参考にしてみる
次ページ「日常の話」という共通の話題をうまく活用する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。