「仕事は楽しんでいい」をトリックで学んだ

『トリック』名プロデューサーが語る(下)

刑事なのに事件を解決しない矢部というキャラクター

――山内さんにとっての矢部の魅力とは?

欲望に逆らわないことですね(笑)。希有なキャラクターだと思うんですよ。刑事なのに事件を解決しないのですから(笑)。『ピンクパンサー』のクルーゾー警部なんですよね。実際は奈緒子が事件を解決しているのに、そこになぜか矢部がいて、その犯人をちゃっかり捕まえたりしている。実は警視庁でいちばん手柄を立てているのは矢部なんじゃないか(笑)。そんな矢部が警察の中ではどんな顔を見せているんだろう。そんな空想がドラマになっています。

――「警部補 矢部謙三」は『トリック』とは違った楽しみがあります。

扱う事件としては、あまり『トリック』は引きずらないようにしています。だから「警部補 矢部謙三」のシリーズでは「因習に閉ざされた村には行かない」と決めました。

 ――それと『トリック』といえば、「なんどめだナウシカ」など、独特のフレーズが書かれた張り紙や、習字などが毎回評判を集めました。

あのときはちょうど裏番組に『風の谷のナウシカ』が来ることがわかっていたので。『トリック』は本当にギリギリまで撮影しているので、そういうことがわかってしまうんですね(笑)。

――あの文言を考えているのはどなたなのでしょうか?

あの文言を考えているのは堤監督です。書道教室に関しては、実際の子どもたちが書いていたりしますけどね。村にある看板などは美術監督の稲垣尚夫さんが手掛けています。

――今回は今まで以上に張り紙や看板が張ってあったと思うのですが、それはやはり最後だからということなのでしょうか?

それはどうかわからないのですが、確かにいつもより多かったと思いますね。

――面白いものを生み出すコツというのはあるのですか?

それは僕が知りたいです(笑)。ただ、意識しているのは、「視点を変える」ということですかね。チャップリンの言葉で「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで観ると喜劇だ」というものがあるのですが、要は視点を変えればドラマは変わるということですよね。

――本人にとっては深刻なことでも、はたから見ると喜劇に感じるということですね。

そうですね。視点をどう置くか。それが面白くなるかならないかのひとつのポイントだと思います。

©2014「トリック劇場版 ラストステージ」製作委員会
次ページ煮詰まったときは「立ち去る」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT