「車椅子の自動運転化」が変える社会の風景

障害者利用の先に見据える「健常者の需要」

政府主催の「日本ベンチャー大賞」でWHILLの電動車椅子に試乗する安倍晋三首相。同社は審査委員会特別賞を受賞した(写真:WHILL社提供)

今、ある電動車椅子のベンチャー企業に世界中が注目している。その名はWHILL(ウィル)。同社は 1月にアメリカ・ラスベガスで開催された世界最大級の家電・ITの見本市CESで「Accessibilityカテゴリ」の最優秀賞を受賞したほか、日本政府が主催する「日本ベンチャー大賞」の第5回審査委員会特別賞も受賞。従来型の電動車椅子にはなかった「自動運転システム」の革新的な技術などが評価されたことによるものだ。

WHILLは、従来の利用者である高齢者や障害者といった、体の自由が利かない人たちだけでなく、健常者の隠れた需要を生み出そうとしている。まず、WHILLの製品は従来のものと何が違うのか。29歳という若さで創業した、代表取締役CEOの杉江理(さとし)氏に話を聞いた。

乗り越えにくい「ちょっとした段差」をスムーズに走行

「特長は従来のものに比べて、小回りと走破性を両立している点です。これまでのものは、前にくるくる回るキャスターが付いているものがほとんどです。これだとちょっとした段差を乗り越えるのが難しく、誰かに押してもらわないとなかなか前に進めません」。

「段差や凸凹などの悪路も難なく走行できるし、スマホのアプリでも簡単に操作ができます」(杉江理CEO)。WHILLの電動車椅子は世界を嚇かせた(撮影:WHILL社提供)

ではWHILLの製品は、従来型の限界をどう乗り越えたのか。

「オムニホイールという車輪を前輪に搭載することで、こうした段差はもとより、凸凹道などの悪路も難なく走行できるようになりました。そして、手もとのコントローラーだけでなく、車椅子と連携しているスマートフォンのアプリで操作ができるほか、バッテリー状況、位置情報なども確認できます」

独自開発の車輪は、最大5㎝の段差までクリアできる。車椅子利用者は電車などの公共交通機関で何かと不便な思いをしているが、従来の電動車椅子に比べ幅55㎝とコンパクトなうえ、3つに分解してセダンタイプの車に車載できる。日本での最高時速は6㎞/hと早歩き程度の速さで走行でき、小回りが利くのも特長だ。

次ページ2020年実用化の「車椅子の自動運転」のメリットとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT