あのシヤチハタが令和でも強い存在感放つワケ

業績は伸長、「印章の代名詞」であり続けたい

後述するが、同社は1995年からパソコン上で決裁する「電子印鑑」も手がけている。だが好業績を下支えするのは、「ネーム印」に代表される既存事業の深掘りなのだ。

「ネーム印」の着せ替え商品(筆者撮影)

「ネーム印も、ボディを着せ替える商品をたくさん出しています、例えばスマホカバーのデコレーションを思わせる品もあれば、動物をモチーフした品もある。定番カラーを出し続ける一方で、使って楽しくなる訴求もしてきました」(同)

この商品は数百円から高額品まである。キャップとボディをクリスタルガラスのラインストーンであしらうものは標準小売価格で3500円だが、一定の需要があるという。

この10年、文具の「個人買い」に訴求した

ここまで凝ったネーム印のボディを開発するのは、消費者の意識が変わったからだ。

「デコスタイル」の着せ替え商品(写真:シヤチハタ)

長年、好不況の影響を受けにくいといわれた文具業界だが、2008年のリーマンショック以降はそれが通用しなくなった。とくに経費節減のため、文具品を「会社購入」から「個人買い」に切り替える企業が増えた。舟橋氏はこんな体験を明かす。

「当時、出張で東京のホテルに泊まったとき、フロント係の女性が当社のピンクのネーム印を使っていた。門外漢のふりをして『こんな色があるのですね、個人で買われたのですか?』と聞くと、『ええ。会社が買ってくれないもので』と答えられました。それ以来、ネーム印を使われる場面に遭遇したときは、できるだけ聞き続けた。その経験では、黒以外のネーム印を使う方の大半が、個人買いでした」(同)

新入社員のデスクに、会社が「文具一式」を準備するケースは少なくなった。「ネーム印」も、会社で一括購入する場合は定番の黒が中心だろう。一方、個人で買う場合は、少し遊び心や楽しさを込めて選びたい。そんな風潮に目くじらを立てない時代にもなった。

次ページ消費者訴求の象徴が「ネーム印」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。