父兄から虐待受けた彼女が「40年後に得た希望」

被害者を縛りつける「記憶」と「その後の人生」

長い間、「性虐待の記憶」に悩まされ続けた、けいこさん。彼女は「今」何を思う?(写真:AH86/iStock)
性暴力の被害者を、被害から生き抜いた人という意味を込めて「サバイバー」と呼ぶ。被害を受けた過去だけがサバイバーの人生ではない。その後、彼女ら彼らはどんなふうに生きているのか。それぞれの今を追う。
(編集部注)本文内に「性虐待(性暴力)」に関する記述があります。

「12歳のとき、クラスメイトの男子3人から性的な虐めを受けました。でも私にとって、そんなことは大したことではない、自分で何とかできる問題でした。本当の苦しみはもっと醜いものでした」

この連載の記事一覧はこちら

けいこさんが治療の一環で書いた手記には、そうつづられている。「もっと醜いもの」とは、実父と実兄からの性虐待。彼女は、さまざまな性虐待を3歳から10代半ばまで受け続けた。

<けいこさんの記憶>

一等地の隠れ家レストラン。けいこさんが夫と2人で開いた店は、雑誌で紹介されるとしたらそんな表現になる。10代の頃に飲食のアルバイトで出会った夫と、いつか店を持つ夢を語り合ってきた。貯金をため、念願のオープンにこぎ着けたのは、30代に入った頃。

彼女を苦しめる「幼少期の記憶」

オープンから数年間はプレッシャーの連続だった。深夜2時に寝て早朝に目が覚める毎日を繰り返しているうちに、客から「顔色が悪い」と指摘されるようになった。

休めば治るかと思ったが、そうでもない。処方された睡眠薬を飲んでも眠れない。そのうちに血尿が出始めて、薬をのむのをやめた。漠然と「治らないかな」と思い始めた頃に、心療内科医が登場するドラマを見て、大量の涙が出た。「いつか、こういう診療を受けたい」と思った。

幼少期からの性虐待。心のどこかでは、その問題に向き合わなければいけないと気づいていたと、けいこさんは言う。

「ずっと考えたくなくて、楽しく生きたい、楽しく生きなきゃ負けと思って生きてきた。夢を叶えるためにがむしゃらに頑張ってもきた。でも夢が叶っても、いつもさみしくてつらくて消えたいという気持ち。この気持ちには終わりがないのかもしれない、走り続けなきゃいけないのかなと思ったらどっと疲れが出て……」

次ページ父と兄から受けた性虐待の記憶
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。