「ビリ店長招いてCEOと会食」に問題はないのか

ビジョンメガネが珍しい会食制度を導入した

赤い看板が特徴的なビジョンメガネ(編集部撮影)

天国と地獄? 「トップ店長とCEO」「ビリ店長とCEO」の“会食制度”――。

全国110(2018年10月末)の店舗を運営するメガネ販売大手のビジョンメガネが、2019年4月から『天国と地獄? 「トップ店長とCEO」「ビリ店長とCEO」の“会食制度”』を導入したことを発表しました。

ビジョンメガネが報道各社に公表した資料によると、会食制度の概要は、次の通りです。

1.  トップ店長15人は、CEOとの1万円の豪華ディナーに招待される。全国3カ所程度で開催し、最寄りの場所に集合する
2.  ワースト店長15人は、1500円分の手土産を持って本社会議室(大阪府)に集まり、CEOを交えリベンジを誓う場とする

この制度について皆さんはどのように考えるでしょうか。何人かの友人知人に話を聞いてみました。

パワハラにあたるのでは?

経営者や会社役員を勤める人からは「面白い取り組みだ」とか「社内に団結力や適度な競争心を生み出すのではないか」という肯定的な意見が聞かれました。

一方で、社員の立場の人からは、「ビリ店長に選ばれたら恥をかかされるようで自分は嫌だ」とか「これはパワハラではないか?」とか「労働基準法に何らか反してはいないのか?」といった否定的な意見が目立ちました。

そこで、本稿において、本制度の合法性や、労務管理の視点からの問題点の有無について、社会保険労務士としての目線から分析してみることにしました。

まず、トップ店長とCEOの食事会については、法的に問題はないと考えます。

その理由としては、食事会の内容自体が褒賞的なものであること、およびビジョンメガネに確認したところ、任意参加の食事会であり、参加・不参加は人事考課にも反映されないからです。法的には、純粋に福利厚生制度と考えられます。問題がないだけでなく、モチベーションの向上や、社内活性化という効果も期待できるでしょう。

逆に、ビリ店長とCEOの食事会については、掘り下げて慎重に考察しなければなりません。

次ページ「ビリ店長」の食事会に問題は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。