「オレ本番強いから」と豪語する人が失敗する訳

むしろプレゼンで緊張する人のほうが有望

プレゼンもまったく同じです。話し下手でも、自分しか語れない、相手が関心のあることを語れば、相手は真剣に話を聴いてくれます。

いくら上手に自分が話したいことだけ話しても、聴き手が知りたいことでなければ、相手には届きません。さらに相手が聞きたいことでも、他の人でも語れる内容だったら、相手は聞き流します。聴き手が求めていて、自分しか語れないメッセージを伝えることで、相手はあなたのプレゼンを聴いてくれるようになります。

プレゼンの目的は、人を動かすこと

私のお客様の例を紹介しましょう。この方はエンジニア出身の社長さん。地味で無口。実直な性格です。一見哲学者のような風貌で近寄りがたい印象もあります。さらに部下の作った資料を読み上げるのが習慣になっているので、説得力もいま一つでした。

入社直後の新入社員さんへの挨拶で、プレゼンすることになりました。社長さんは、「新入社員には、すぐに辞めてほしくないんだよね。できるだけ長く働いてもらいたいなあ」と思っています。社長さんの真の目的は「辞めてほしくない」です。

自分の信念なら、資料を読み上げなくても話せます。そこで、仕事の信念や、若い頃の失敗談をバリュープロポジションに従って語ってもらうことにしました。

1 聴き手が知りたいこと:ちゃんとやっていけるかな?
2 他の人が語れること:仕事で成長しろ。つらいこともあるが頑張れ
3 社長さんが語れること: 私もいろいろ失敗しています。自分の仕事の方法は、失敗を恐れず進むこと
『緊張して話せるのは才能である』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

バリュープロポジション→仕事の信念と失敗談を語り、新入社員さんを安心させ、やる気を引き出す。

プレゼン後のアンケートでは、9割以上の人が「とてもよい」に〇をしていました。コメントにも「仕事でしんどくなったら、社長の言葉を思い出して踏ん張りたい」とありました。社長さんの目的は達成されそうです。

そもそもプレゼンの目的は、人を動かすこと。でも緊張せずに事前準備しない人は、人を動かすことができないことも多いのです。緊張している人こそ、緊張克服のために事前準備をちゃんと行うことで、人を動かすことができるようになります。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。