「不幸なエンジニア」と幸福なエンジニアの差

幸福学者・前野隆司さんインタビュー

幸福学者の前野隆司さんは、不幸なエンジニアと幸せなエンジニア、違いをつくるのは「工夫・視点・強み」の3つだと語ります(写真:『エンジニアtype』編集部)

自分の技術で世界をあっと驚かせるような“新しい何か”を生み出したい。
自分のアイデアで世の中をもっと便利にしたい――。

多くのエンジニアが、そんな夢を持ってキャリアをスタートさせたはず。しかし、現実はどうだろう。いつの間にか仕事はただの作業となり、会社に行くことさえも苦痛。将来を考えると不安なことだらけで、毎日が何となく不幸モードという人もいるかもしれない。

元キヤノンのエンジニアで、幸福学者の前野隆司さんは「若手エンジニアは、不幸のループに陥りやすい」と話す。その理由とは一体なんだろうか。エンジニアが幸せに働いていくための秘訣とあわせて聞いた。

「やらされ感」で仕事をしてはいないか?

一般的に20代のエンジニアは、会社の中でも末端の仕事を任されることが多いですよね。本当はどんな仕事だって大きな目的につながっているし、人の役に立っているはずなんだけど、その片隅を任されているから、「何のための仕事か」ということが分からなくなってしまいがちです。

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

そもそもエンジニアは、部分的に切り出されたものを“ちゃんと仕上げる”のが仕事というところもあるので、全体を見る視点を失いがちなんです。すると、「やらされ感」がどんどん大きくなっていきます。

この、「やらされ感」というのは幸せの天敵で、エンジニアを不幸のループの中に閉じ込めてしまいます。

やらされ感で仕事をしてる人って、周りの目から見ても分かりますよね。「あ、なんだかあいつ、つまんなそうに仕事してるな」って。すると、ますます面白い仕事を任せてもらえる機会は減るし、新しいことにチャレンジできないまま出世からも遠ざかる。ずっと末端の仕事が流れてくるようになります。

次ページ不幸のループを抜け出すには「一つ上」の視点を持つこと
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。