東大生ライターが教える「ダメな文章」の3特徴

「伝えたつもりで伝わらない」人はここが問題

「明日は雨だ。だから傘を持っていく」

この文は、誰でも理解できると思います。なぜならこの文は、「明日は雨」と「傘を持っていく」のつながりが見える文だからです。でも、

「明日は雨だ。だからカバンは持っていかない」

こう言われても、「……なんで雨ならカバン持っていかないの?」と理解できませんよね? これは「雨」と「カバン」のつながりが見えないからわからないのです。

「明日は雨だ。新品のカバンが濡れるのはいやだ。だからカバンは持っていかない」

これだったら、「雨」と「カバン」のつながりが見えるので、理解できると思います。

論理というのは、今ご説明した「つながり」のこと。論理的な文章とは「つながり」がしっかりしていて、つながりが見える文章のことなんです。だから論理的な文章だと、相手に伝わるというわけです。

そこでいくと、どうでしょう?

「コミュニケーション能力」と「SNS」、「コミュニケーション能力」と「チーム」。この2つのつながりって、すぐに理解できるものでしょうか?

「つながり」を意識しながら文章を組み立てる

先ほど僕は「結論を最初に言う」と言いました。そしてそれに沿ってこの子は「コミュニケーション能力が大切だ」と一言語ってくれました。それを結論に定めたのなら、きちんとそれに沿って、その結論と「つながる話」を展開していくべきなのです。

例えば、僕ならこうリライトします。

A:私が大切だと思うのは、コミュニケーション能力です。現代はSNSの発達によってコミュニケーションが多様化しているため、オフラインの人ともうまく会話できるような、高度なコミュニケーション能力が求められます。それに、他人とうまくコミュニケーションをとることができれば、上手な人付き合いをすることもできると思います。1人ではなくチームで働くことも多い現代において、上手に人付き合いができるようになることは非常に大切です。以上のことから、私はコミュニケーション能力こそが最も重大な資質だと考えます。

こうすれば、「コミュニケーション能力」と「SNS」のつながりも、「コミュニケーション能力」と「チーム」のつながりもわかりやすくなりますよね?

このように、「結論と中身のつながりをしっかり考えて書く」ことで、文章はぐーんとわかりやすくなります。「この2つはつながるかな?」「つながらないとしたら、間をどう埋めるかな?」そう考えて、文章を作っていくことが大切です。

次ページ「抽象的」という落とし穴
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。