東大生ライターが教える「ダメな文章」の3特徴

「伝えたつもりで伝わらない」人はここが問題

僕も昔はこの問題に苦しめられました。東京大学の入試はすべての科目において回答が記述式であり、きちんとした文章を作れなければまったく成績につながらない大学です。僕は「本当はわかっているはずの問題」でうまく文章が作れず、2浪もしてしまいました。

そんな僕が、どうやって「相手に伝わる文章」を作れるようになったのか。今日は3つの「ダメな例」とその解決法をご紹介いたします。

例えばこう聞かれたときに、みなさんはどう答えますか?

Q:学校や学校以外の場で学んだことの中で、あなたが最も大切だと思うことは何か答えなさい。

なんだか日常会話でも面接でも聞かれそうな問いですが、実はこれは、東大の2013年の英作文問題として出題されたものです(一部文章は変えています)。

僕はこの問題に、こんなふうに回答していました。

A:浪人を経験した私は、学校に行かなくてもいい状況になったため、最初は規則正しい生活を送ることができなくなってしまった。朝起きる時間も不定期になり、あっという間に昼夜逆転して、その影響で勉強時間が不定期になって成績が低迷した。しかしきちんと寝る時間と朝起きる時間を決めたら規則正しい生活が送れるようになり、成績も向上した。
だから、きちんと毎朝決められた時間に起きて、やるべきことをやり、定期的に休息を取りながら生活のリズムを崩さないように努力し、早寝早起きをするようにすることがいちばん大切だと感じる。

この文章を英語にして先生に見てもらったとき、僕は「日本語から書き直しなさい」と怒られてしまいました

一体、この文章のどこが悪いのでしょうか? みなさん、わかりますか?

「結論を短くまとめる」ことがもっとも大切

一言で言うなら、この文章は「結論が長すぎる」のです。僕は正直、世の中の「文章が伝わらない問題」の8割はこれだと思っています。言いたいことが長いから、結局何を伝えたいのか相手に伝わらないのです。

この問題で言うなら、これを書いた人はいったい何が「最も大切だ」と考えているのでしょうか? 早寝早起きでしょうか? 毎朝決められた時間に起きることでしょうか? 生活のリズムを崩さないことでしょうか?

「最も大切なことを答えろと言われているのに、それが見えにくくてどうするんだ!」と、当時僕は怒られてしまったのです。

この問題は、本当に簡単な努力で解決します。「結論を一言でまとめる」のです。そしてそれを、初っ端できちんと表明するんです。これだけで、全然文章の印象が変わります。

次ページ言いたいことを出だしで簡潔に言う
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。