東大生ライターが教える「ダメな文章」の3特徴

「伝えたつもりで伝わらない」人はここが問題

さて、最後はこんな回答です。これも、僕の教え子が作ったものです。

A:私が大切だと思うのは、人を信じることの大切さです。人は人を信じて、そして逆に人から信じられることで、信頼関係を築くことができると思います。昨今は人を信じられない人も増えているそうですが、しかし素直になにかを信じることで開く扉もあると思います。なので、私は信じるという気持ちが大切だと思います。

どうでしょうか? はじめに簡単に結論を述べていますし、つながりもある程度見える文が並んでいるのですが、なんか変ですよね?

抽象的すぎる文章は伝わらない

僕は「この文章は、抽象的すぎる」と指摘しました。結論も論理もきちんとできるようになった後、最後に待っているのがこの落とし穴、「抽象的」なのです。

この文章、「人を信じる」というのが何を指すのかさっぱりわかりませんし、「信頼関係が築ける」とか「開く扉もある」とか書いてあって、なにが言いたいのかさっぱりわかりません。しかも、「あると思います」「増えているそうですが」とか、そういう曖昧な表現ばかりで、何一つ伝わってこないのです。

抽象的なことを言って誤魔化したり、曖昧な表現に逃げたりすることは人間の性です。ふわっとしたことのほうが書きやすいですし、なんだか自分も相手もわかったような気になることもあるでしょう。

しかし、真に必要なのは「抽象的な言葉に逃げない」ことです。僕も東大受験のときに、あまり理解できていないことをふわっとさせた回答を作ったことがあるのですが、見事にその科目の成績は低かったです。抽象的なことやふわっとしたことを言っても伝わらないし、また相手にも「本当にこいつわかってるのか?」と感じられてしまう。抽象的な言葉に逃げず、具体的な文章にする努力をするのです。

例えば、こんなふうに。

A:私が大切だと思うのは、相手の話を素直に受け取ることです。私は昔は頑固で、人の言葉を疑ってかかり、親や先生の言うことをほとんど否定してしまっていたのですが、それでは何も成長することができませんでした。しかし、一度素直に親や先生の言うことを聞いて、アドバイスどおりに実践してみることで、自分のダメなところを修正し、精神的に成長することができました。頑固な自分を捨てて、きちんと人のアドバイスを素直に受け入れることが、自分が学んだ中でいちばん重要なことです。

こっちのほうが、先ほどよりもわかりやすいですよね。

「信じる」を「人のアドバイスを受け入れる」と具体的に言い換えたり、自分の具体例を入れたりすることで、先ほどとは比べ物にならないほど何が言いたいのかわかりやすくなったと思います。

言葉を具体的にしたり、自分の具体例を言うほかに、「数字を入れる」というのも有効です。「30パーセントが……」とか「3つのポイントが……」とか、数字を引き合いに出すと、格段に説明が具体的になります。

いかがでしょうか? 「結論を短くまとめて先に言う」「結論と中身のつながりをしっかり考える」「中身が具体的になるように努力をする」。この3つを実践することで、「何が言いたいのかわからない」と言われない文章作りができるようになります。みなさんもぜひ、実践してみてください!

(よろしければ、この3つのポイントを踏まえたうえで「学んだことの中で、あなたが最も大切だと思うことは何か答えなさい」の回答を作って、東洋経済オンラインのコメント欄で教えてください!)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。