改元を利用した「悪質便乗商法」が続出する実態

皇室にあやかった商法に騙される高齢者たち

改元を前に、それに便乗した悪質商法に対して注意を呼びかけています(写真:EKAKI / PIXTA)

「平成」が31年4月30日で幕を閉じる。5月1日には現在の皇太子さまが即位し、元号も改まる。天皇陛下御存命中の「退位」は江戸後期の光格天皇以来約200年ぶりで、近代以降では初めてだという。したがって、「昭和」から「平成」への改元は悲しみの中で行われたが、今回は祝福ムードだ。

そんな祝福ムードに水を差すような、改元を利用した詐欺や皇室にあやかった悪徳商法が目立っており、金融庁や国民生活センターが消費者に注意を呼びかけている。

全国銀行協会を装ったキャッシュカード詐取

2月7日に金融庁が「全国銀行協会等を装い、改元を理由として暗証番号等を記載させる詐欺にご注意!」と題する報道発表を行った。

全国銀行協会を装い、「元号の改元による銀行法改正について」と題する資料を同封した封書を郵送し、取引金融機関、口座番号、暗証番号などを記載させる詐欺の手口が確認されているという。

具体的な手口は、 全国銀行協会を装った封書を送りつけ、「元号の改元による銀行法の改正に伴い、全金融機関のキャッシュカードを不正操作防止用キャッシュカードへ変更する手続が必要となります。同封の『キャッシュカード変更申込書』に取引銀行、口座番号、暗証番号を記載し、現在お使いのカードを返送してください」などと指示し、キャッシュカードをだまし取ろうとするものだ。

金融庁は「全国銀行協会や銀行員が暗証番号等を尋ねることは一切ない」と注意を呼びかけている。

なお、改元を口実にする以外にも、百貨店(デパート)の社員や警察官などを名乗る電話がかかってきて、「あなたの預金口座が危険にさらされているので、キャッシュカードを新しい物に交換する必要があります。後ほど銀行協会の職員が伺います」と言い残し一回電話を切り、その後、銀行協会職員を名乗る者が訪問してくるような「劇場型」(ドラマのように複数の者が役を演じで消費者をだます)詐欺も見られる。日ごろから注意が必要だ。

次ページ皇室あやかり商品を販売
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT