広告なしで急成長、「ボタニスト」勝利の方程式

ネット集中型のマーケティング戦略が成功

シャンプーやコンディショナーの国内市場は依然として厳しいが、新製品の拡販で乗り切る方針だ。3月13日のマイボタニスト説明会の席上、アイエヌイーの大西社長は「市場が厳しく、顧客ニーズもどんどん多様化している中で、今後のカギとなるのが『パーソナライズ化』だ」と強調した。

専用サイトで9つの質問に答えると、お勧めのシャンプーやコンディショナーが出てくる(撮影:今祥雄)

他方で、ボタニスト以外の成長軸も模索中だ。同社でボタニストに次ぐ第2の柱と考えているのが、「SALONIA(サロニア)」というヘアアイロン。海外売り上げでは、一時期ボタニストを上回ったこともある。「サロニアからも、さまざまな商材をどんどん出していきたい」と、大西社長は意気込む。

AIデータ活用した商品開発も

AIデータを活用した商品開発にも注力する。アイエヌイーは昨年12月に、「KIYOKO(キヨコ)」と呼ぶAI予測システムを独自に開発したと発表した。

キヨコは2000万以上のSNS上にあるビッグデータから、消費者がどのようなことに興味を持ち、どういったトレンドが起きているのかを把握・分析できる。大手メーカーは消費者データの分析を外部の調査会社に委託しているが、アイエヌイーはキヨコを活用し、自社内で短期間に消費者動向を把握することができるというわけだ。AI予測システムを通じて、さらなるヒット製品の投入につなげていく構えだ。

今後は国内のみでなく、中国を中心に海外市場の開拓にも力を注ぐ。ただ、「ボタニストは口コミサイトでの評判が芳しくなかったので、購入する気にならなかった」(40代女性)との声も聞こえてくる。認知度が高まるにつれ、マーケティング戦略だけでなく、製品の質の向上も継続して図ることが求められる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT