花王が2700円もする「白髪染め」に込めた狙い

超高額商品は停滞市場の「起爆剤」になるか

花王が5月下旬に発売する白髪染めの新ブランド「リライズ」。同社にとって最高価格帯の白髪染め商品となる(記者撮影)

「これまでにないまったく新しい白髪染めを投入する」。花王の高田精千・ヘアケア事業部長は高らかにそう宣言した。

同社は5月下旬から、白髪染めの新ブランド「Rerise(リライズ)」を販売する。今回発売するのは、白髪を黒髪に戻す「リ・ブラック」と、グレーに染める「グレーアレンジ」の2種類。リライズは使うごとに髪が色づく仕組みで、好みの色に近づくまでまずは3日間使用し、その後は週1回の使用で髪色を維持することができる。

価格は従来品の約3倍!

通常のヘアカラー剤であれば、風呂場の外で髪が乾いた状態でつけなければいけない。一方、リライズは風呂場でリンスをするように、髪に適量をなじませ、5分放置してからすすぐだけ。手間がかからないという特長を持ち合わせている。

今回の新商品で驚くべきは価格だ。花王はすでに「ブローネ」で白髪染めを展開しているが、リライズの価格はブローネの3倍となる約2700円(税抜き)。同社にとっては最高価格の白髪染め商品となる。花王は、なぜこのタイミングで高価格帯の白髪染めの発売に踏み切るのか。

背景にあるのが家庭用白髪染め市場の停滞だ。2009年度に676億円だった市場規模は、2017年度に589億円となり減少傾向が続いている(インテージ調べ)。

次ページ家で白髪染めをする人が減る理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT