花王が2700円もする「白髪染め」に込めた狙い

超高額商品は停滞市場の「起爆剤」になるか

花王が5月下旬に発売する白髪染めの新ブランド「リライズ」。同社にとって最高価格帯の白髪染め商品となる(記者撮影)

「これまでにないまったく新しい白髪染めを投入する」。花王の高田精千・ヘアケア事業部長は高らかにそう宣言した。

同社は5月下旬から、白髪染めの新ブランド「Rerise(リライズ)」を販売する。今回発売するのは、白髪を黒髪に戻す「リ・ブラック」と、グレーに染める「グレーアレンジ」の2種類。リライズは使うごとに髪が色づく仕組みで、好みの色に近づくまでまずは3日間使用し、その後は週1回の使用で髪色を維持することができる。

価格は従来品の約3倍!

通常のヘアカラー剤であれば、風呂場の外で髪が乾いた状態でつけなければいけない。一方、リライズは風呂場でリンスをするように、髪に適量をなじませ、5分放置してからすすぐだけ。手間がかからないという特長を持ち合わせている。

今回の新商品で驚くべきは価格だ。花王はすでに「ブローネ」で白髪染めを展開しているが、リライズの価格はブローネの3倍となる約2700円(税抜き)。同社にとっては最高価格の白髪染め商品となる。花王は、なぜこのタイミングで高価格帯の白髪染めの発売に踏み切るのか。

背景にあるのが家庭用白髪染め市場の停滞だ。2009年度に676億円だった市場規模は、2017年度に589億円となり減少傾向が続いている(インテージ調べ)。

次ページ家で白髪染めをする人が減る理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT