ポーラ、古参役員が実力社長に突然の「反旗」

シワ取りクリームで絶好調の中、起きた内紛

化粧品4位のポーラ・オルビスHD。「リンクルショット」の大ヒットで絶好調だが…(記者撮影)

日本初の医薬部外品シワ改善美容液「リンクルショット」が大ヒットし、絶好調のポーラ・オルビスホールディングス(HD)。だがその陰で昨年12月上旬、古参の役員が創業家出身の鈴木郷史社長に反旗を翻していた。

発端は約18年前にさかのぼる。2000年に亡くなった故・鈴木常司元会長には子がおらず、おいの郷史氏が4代目社長に就任した。その際、株の相続をめぐり、郷史社長と常司氏の妻千寿氏が壮絶な訴訟合戦を繰り広げた。

訴訟は2005年に和解が成立。しかし今回、常司氏の秘書を長く務めた役員が、実は郷史社長が契約書を偽造していたと暴露したのだ。

1株1円で生前贈与されたように偽造?

郷史社長は、当時の資産管理会社の株を1株1円で常司氏から生前贈与されたように契約書を偽造したという。

株式上場した2010年当時の鈴木郷史社長。上場後は海外M&Aも積極的に推し進めた(撮影:尾形文繁)

裁判ではその事実は秘されたままだった。結果的に郷史氏は常司氏の保有株の大半を承継。上場を果たした現在でも、郷史社長はHD株の約22%を保有する。役員はそうした資本承継が可能だったのも、偽造があったからと主張する。

役員は昨年12月6日、郷史社長に年内での辞任を迫り、「確約書」へのサインを求めた。

それにしても、なぜ今になって役員は反旗を翻したのか。

次ページ背景にあるものは…
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。