セクハラに泥仕合…保育園JPHDで巨大内紛

臨時総会で創業者と現社長が全面衝突

現社長の荻田和宏氏(左)と、創業者の山口洋氏(右)はいったい何を語るのか(写真:荻田氏は11月の決算説明会で編集部、山口氏は2013年に今井康一が撮影)

「その質問については……」

11月1日、保育園など子育て支援施設を運営するJPホールディングスが開いた決算説明会。報道陣やアナリストに質問を投げかけられるたび、同社の荻田和宏社長は臨席する広報担当者や管理部門の担当者に逐一内容を確認しており、「自分の言葉で話すことは少なかった」(出席者)。

荻田社長は2015年に社長に就任するまで、管理担当の役員を約10年務めたおり、自らの判断で回答することは可能だったはず。それでも慎重な態度に終止したのは、創業者との”決戦”の日が近づいていたためなのか。

委任状争奪戦の末、全面対決へ

東洋経済オンラインが8月下旬に、創業者の山口洋・前社長と、荻田社長の対立が深まっていると報じてからちょうど3カ月(「保育園大手JPHDでも経営陣と創業者が対立か」)。11月22日、名古屋市内のホテルで10時から開催される臨時総会で、両者は正面からぶつかり合うことになる。

JPHDは、山口氏がパチンコ店などで客にコーヒーなどを給仕するワゴンサービスで創業した会社だ。2000年以降、株式会社による認可保育園の設置が認められると、同分野に参入。民間の保育園運営会社として最大手にのし上がった。

山口氏、荻田氏はともに大和証券の出身。原動力となったのは「山口さんが大和証券時代に培った、徹底的なトップダウンの組織を実現したこと」(元社員)。山口氏には、社員全員の誕生日にカードを送るような緻密さもあった。国による保育園整備の追い風にも乗り、JPHDは急速に業容を拡大していった。

そんな山口氏にとって、転機は2015年2月17日の役員会だった。

荻田社長ら会社側の説明によれば、「女性社員に対する重大なセクシャル・ハラスメントに該当する事実があり」事実関係を確認したところ、山口氏が問題となった行為の事実を認め、「最終的に体調不良による入院を理由として、(社長を)辞任する意向を示した」という。

次ページ新体制で大幅減益に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。