セクハラに泥仕合…保育園JPHDで巨大内紛

臨時総会で創業者と現社長が全面衝突

会社側は2年半前に山口氏が辞任した経緯について、第3者委に調査を依頼。それに対し第3者委は、株主などステークホルダーの関心は現在の経営状況にあるため、山口氏のみならず、会社の経営に重大な影響を及ぼす範囲までに調査対象を拡大する。

前任と現任のトップ2人がともにパワハラ

11月17日に公表された要点版によれば、第3者委は山口氏が社長だった当時の行為について「会社経営上重大な影響を与える可能性のある(パワー)ハラスメントと認められると認定」。ただ荻田社長についても、ややトーンを落とすものの「パワーハラスメントに該当しうる行為が存在する」と指摘した。

11月17日、第3者委員会がまとめた報告書の要点版が公表された。上場企業の前・現代表のパワハラとセクハラが公表される、異例な内容だ(記者撮影)

そして「前代表(注、山口氏)にはセクハラと評価される行為があったと評価せざるを得ない」としながらも、「現代表者(注、荻田社長)によるセクハラに該当しえる行為が認められる」とした。

つまり、第3者委は上場企業の前任と現任のトップ2人がパワハラとセクハラを行っていると公表したのだ(ただし、第3者委は荻田氏のハラスメントについて、職場環境を害しているとまでは認められないとしている)。

会社側は防衛に必死だ。第3者委の調査と平行して、従業員から「私たちは前代表、山口さんのJPHDへの関与及び復帰を断固拒否します」との嘆願書を受領したと発表。その中には保育園179園中、173の園長も含まれているという。

同時に、荻田社長は保育士の待遇の大幅改善を実施する。保育士1人あたり最大で年96万円という大幅アップだ。通常保育士の待遇見直しは春に行う。しかも、もともとJPHDの保育士の待遇は、民間保育の中でトップレベル。「この時期にこの上げ幅は、異例の大盤振る舞い」(別の元社員)。ただ会社側は「手当の増額は予算策定時より計画されていた」と、創業者の対立などとは何の関連もないとしている。

次ページ創業者・山口氏側の対応は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。