広告なしで急成長、「ボタニスト」勝利の方程式

ネット集中型のマーケティング戦略が成功

マイボタニストを手にする大西洋平社長。これがメディア初露出となる(撮影:今祥雄)

20代から30代の女性を中心に人気を集める、シャンプーなどヘアケアブランドの「BOTANIST(ボタニスト)」。

そのボタニストから今春、パーソナライズシャンプーの「My BOTANIST(マイボタニスト)」が発売される。パーソナライズシャンプーとは、人それぞれに合ったシャンプーのこと。専用サイトを通じていくつかの質問に答えると、その人の髪質に合ったシャンプーを購入することができる。

マイボタニストは3月14日から予約を開始し、4月22日以降に順次発送する予定だ。価格はシャンプー、コンディショナーともに4980円(税抜き)とやや高め。ただ、専用のカスタマーセンターで相談できるなど、特徴のある製品になっている。

国内シャンプー市場は縮小トレンド

国内のシャンプー市場は1612億円(対前年比0.4%減)と横ばい傾向にあり、コンディショナーは455億円(同3.3%減)と縮小トレンドにある(数字はいずれも2017年、富士経済調べ)。

その中で、ボタニストは2015年の発売以降、右肩上がりで成長を続けてきた。2018年6月時点で、シリーズ累計の販売本数が5000万本を突破。メーカーや商品別の購買動向や属性別の購買者などを分析できる高度分析ツール「Eagle Eye」によると、ボタニストは全国のドラッグストアのヘアケア分野の売り上げでシェア3位に食い込む。製品は自社企画したものをOEM供給で受けている。

実際にドラッグストアのシャンプー売り場に足を運んでみると、透明なボトルに英字体でボタニストの名が書かれたシャンプーやコンディショナーがずらりと並んでいることに気づく。

次ページブランドはベンチャー企業が手がける
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。