ロストフの14秒、川島永嗣が痛感した8強の壁

ベルギーに逆転負けを喫したW杯から早8カ月

しかし後半24分にヤン・フェルトンゲン(イングランド=トッテナム)のヘディングの折り返しが入ってしまい、その5分後にはマルアン・フェライニ(中国=山東魯能)に打点の高いヘッドを叩き込まれ、同点に追いつかれる。外国放送局は1失点目を「GKのミス」と評したが、欧州トップレベルのGK指導者は「スピードのあるボールでどんなにGKが手を伸ばしても取れない」と反論。ここでも川島のプレーに対して賛否両論が湧き起こった。

「僕自身が大事だと考えるのは、そういう一つひとつのプレーを結果論で語ることじゃなくて、本当に自分たちが2-0の状況で落ち着いて3点目を狙いにいけていたのか、ゲームをコントロールできていたのかということ。結局、結果論で話していても何も前に進まない。

川島 永嗣(かわしま・えいじ)/プロサッカー選手。1983年3月20日、埼玉県生まれ。大宮、名古屋・川崎を経て2010年から欧州挑戦。2018年8月よりフランスのRCストラスブール加入。2007年から日本代表。ワールドカップには南アフリカ、ブラジル、ロシアに3大会連続で出場(筆者撮影)

ワールドカップも日本代表も毎回変わる中で、優勝できるチームの基準はいったい何か。ベスト8の壁を超えられる基準とはどのようなものか。

それはパススピードなのかもしれないし、ボールコントロールかもしれないけど、基準を明確にして、自分たちでクリアできるようにならなければ、いつまで経っても勝てない。

それを自身で感じて考えられる選手が増えることが、日本のレベルアップになると僕は思いますね」

そうしみじみと話す川島も3度のワールドカップを経験して基準が上がったと実感した1人。

ベルギーが繰り出したラスト14秒の高速カウンターにしても、スピードとインテンシティー(強度)、クオリティのすべてが組み込まれていたと実感したからだ。

ワールドカップ8強は近いようで遠い

「ベルギーはあの時間帯に最短で最速で最も質の高いプレーを見せて得点した。そういう判断ができるレベルだったから3位になれた。僕らも似たようなシーンが出てきたときに瞬間的に仕留められる領域まで達することができるかどうか。そこに挑んでいくしか、ベスト8進出を果たすすべはないと思います」

ワールドカップ8強は近いようで遠い……。それを実感した歴史的証人の言葉は重い。われわれは今一度、川島永嗣の発言に耳を傾け、サッカー日本代表をいかに強化させていくべきかを真剣に模索していくべきだろう。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT