元日本代表GK楢崎が強調する「腹のくくり方」

2度の16強入りを知る男の歓喜と落胆のW杯

2002年ワールドカップ日韓大会、ロシア戦での楢崎正剛(写真:Press Association/アフロ)

「西野(朗=日本代表監督)さんは勝負師の一面を持っている。選手起用や交代でも『えっ』と驚くことをするときがあるから。何をやるのか、僕自身も興味津々です。

やっぱりワールドカップを戦ううえで大事なのは、腹のくくり方。僕が最後に行った2010年南アフリカ大会の時も、岡田(武史監督=JFL・FC今治代表)さんは自分のやりたかったことを捨てて結果を出しましたからね」

西野監督が名古屋グランパスを率いた時(2014~15年)の教え子である元日本代表の守護神・楢崎正剛は自身の過去4回のワールドカップ経験を踏まえつつ、2018年ロシア大会に挑む新指揮官と後輩たちの動向を見守っている……。

W杯に4大会出場したのは楢崎と川口だけ

1998年フランス大会から過去5回のワールドカップに参戦してきた日本だが、4度も世界舞台に赴いたのは、川口能活(J3・SC相模原)と楢崎の2人だけだ。1998年と2006年ドイツ大会は川口が正GK(ゴールキーパー)を務め、楢崎は2002年日韓大会で全4試合に出場した。

「1998年にワールドカップの雰囲気を肌で感じたんで、『次は自分が出る』『必ずピッチに立つんだ』と強く思っていました。2002年の時は(当時26歳と)若かったし、まだまだ発展途上の中でプレーしていた感覚だったんで、GKとして出来上がった感じはなかった。

(監督のフィリップ・)トルシエも信頼してくれたかどうかは自分の中ではわからなかった。結構ギリギリまで出るかどうか予想がつかなかったけど、使ってもらえたのは自信になりましたね」と彼はしみじみ言う。

16年前の日本代表は実に勇敢な戦いを見せた。当時の彼らは「フラット3」というDF(ディフェンダー)が3人の守備戦術を採っていたが、初戦・ベルギー戦(埼玉)を2-2で引き分けた後、守備陣が滞在先の葛城北の丸(静岡県・袋井市)で話し合って、高すぎるラインを下げる決断をした。

それが次のロシア戦(横浜)勝利の原動力になったことはよく知られた話だ。楢崎も、もちろんその輪の中に入っていた。

次ページ自国開催のW杯を振り返る楢崎
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT