東大生が断言!「作文」こそ一番本質的な勉強だ 偏差値35から東大に合格した「僕の書き方」

印刷
A
A

僕も昔は、ほかの人が見ても何が言いたいのかわからないノートを書いていました。当時はそれを親や先生に指摘されると「いや! 自分はわかるので!」と反論していました。しかし最近になって当時のノートを引っ張り出して読んでみると、僕自身にも何が書いてあるんだかまったくわかりませんでした。

つまり僕は、昔はノートを作るという「作文」ができていなかった。だから偏差値35だったんです。

でも、2浪して、東大に合格しようと考えたとき、僕は自分のノートを予備校の友達みんなに配るということをしていました。先程申し上げたとおり、自分のできなかった東大の過去問や、解けなかった模試の問題の解説ノートをコピーして予備校の仲間に配っていたのです。

作文すると「どこがわからないか」がわかる

この勉強法で1つポイントなのは、「作文を見せることで、自分がわからないところがわかる」ということです。もしあなたの作文の中に相手に伝わりにくい箇所があったら、そここそが、あなたが理解しきれていないところです。あなたのインプットが不十分だから、アウトプットが不十分になっている可能性が高いのです。

だから、とにかく誰かにそのノートを見てもらいましょう。家族でも、友達でも、誰でもいいです。見てもらって、きちんと説明できているのかできていないのか、伝わるか伝わらないかを聞くのです。ちゃんと作文を見てもらって、伝わりにくいポイントを教えてもらうようにしましょう。

いかがでしょうか?

「そうは言っても、やっぱり作文するのはちょっとハードルが高い!」という人もいると思いますが、作文というのは、数をこなしていくうちに、そしてそのフィードバックを誰かからもらっているうちに、自然にうまくなっていくものだと思います。

僕の「説明ノート」も、はじめは「何を言ってるんだか、全然わからないよ!」と友達に言われるようなお粗末なノートだったのですが、先ほどの「白紙勉強法」と同じで、実践していくうちにどんどん洗練されていきました。

まずはやってみようと思うこと。これがすごく重要なのです。だからみなさんもぜひ、「作文」を実践してみてください!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT