東大生が断言!「作文」こそ一番本質的な勉強だ

偏差値35から東大に合格した「僕の書き方」

これは何も、僕の記憶力が上がったわけではありません。「後から作文しよう!」とアウトプット前提でインプットしたことで、インプットの質が高くなったのです。

作文が勉強の前提になると、「作文で説明できるように、ちゃんと自分の頭で理解しなきゃ!」という意識で情報を頭に入れることになります。そうすると、頭への入り方が全然違うのです。

この「白紙勉強法」は、作文することよりも、作文しようとすることそれ自体に意味があるのです。アウトプットしようと努力することで、成績が上がるのです。そして、ちゃんとアウトプット前提のインプットができるようになれば、自然と再現度も高くなっていきます。みなさんもぜひやってみてください。

作文勉強法2:誰かへの説明を書く「説明ノート勉強法」

もう1つオススメなのが、「説明ノート勉強法」です。

これは至ってシンプルで、学んだことや覚えたいことを、それを知らない誰かに向けて説明するノートを作るという勉強法です。その事柄をまったく知らない誰かがそのノートを読んだときに、「なるほど!」と思えるようなノートを作る。そうすると、先程ご紹介した「人に説明する」ための作文を実践することができ、理解度が格段に跳ね上がるのです。

「何を説明すればいいのかわからない!」という人にオススメなのは、「自分の解けなかった問題を題材にする」ことです。解けなかった問題を、自分の言葉で解説してみて、それを読んだ人が同じような問題で絶対につまずかないようなノートを作ってみるのです。こうすると、「自分がなぜできなかったのか」という自分の弱点と向き合うことができて、成績がぐっと上がります

僕は100人単位で東大生のノートを見てきましたが、どれも「その人しか理解できないようなノート」ではありませんでした。その授業をまったく受けていない僕でも「ああ、なんとなくわかるな」と思えるようなノートを作っていたのです。

東大生は、自分のためだけのノートを取りません。他人が見てもわかるようにノートを取ります。つまり、後から見直してもまた一から理解できるように作っているのです。

「その事柄を忘れてしまった少し未来の自分」という、「他人」に向けてノートを作っているのです。だからこそ、誰が見てもわかるし、自分も後から見直せる。東大生は、そういうノートを作るから成績がよいのです。

次ページ「自分にしかわからないノート」がダメな理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT