元格闘家、古木はもう野球をあきらめたのか

トライアウト2年連続挑戦した古木は今……?

古木は愛知県豊田大谷高校2年のときに甲子園出場し、2打席連続ホームランを打つなどで注目された。翌1998年夏の甲子園にも出場。松坂大輔を擁する横浜高校が春夏連覇を成し遂げたこの大会でも、古木はホームランを1本放ち、ベスト4進出の原動力となった。そして、秋のドラフト会議で松坂大輔のはずれ1位として横浜ベイスターズ(当時)に指名され入団する。

入団4年目の2003年、1軍に定着し、ホームラン22本を放って持ち前の長打力を花開かせ、4番を務めることもあった。一方で、打率は.208と低く、翌年以降はレギュラーを獲得することができずに、2007年、オリックス・バファローズにトレードされた。結局、オリックスでは2年在籍したが、1軍で活躍することはできず、2009年10月、戦力外通告を受けた。

その2カ月後、古木の決断が、マスコミをにぎわせた。なんと、格闘家への転進が発表されたのである。

そして、翌年の2010年大晦日の格闘技イベント・ダイナマイトでは、ボビー・オロゴンの弟、アンディ・オロゴンと戦うためにリングに上がる。すでに格闘技選手として多くの経験を持つアンディと、これがデビュー戦古木との実力差は明らかだった。

古木が味わった、不思議な感覚

しかし、古木は、気持ちだけは負けていなかった。「野球でダメだから、格闘技にきた――」古木はそう言われ続けてきた。もし、ぶさまな戦いをすれば、「負けても、違う道を探すんだろ」、そんなそしりを受けかねなかった。アンディのパンチを浴び続けたが、古木は前に出ることをやめなかった。

試合は、0-3の判定負けを喫したが、その鬼気迫る戦いぶりは、大きな印象を残した。

その4カ月後の試合で、古木は初勝利を収める。古木の格闘家としての未来が少しずつ開けてきたように見えた。しかし実際は、古木の心の中にある別の思いが生まれていた。

やはり、野球がやりたい……。

そんなとき、古木は埼玉西武ライオンズのバッティングコーチだった大久保博元と出会う。そして彼の主宰する野球アカデミーで、久しぶりにバットを振ってみると、古木は不思議な感覚を味わった。バットがすごく軽く感じたのだ。

格闘技の過酷なトレーニングが古木の体に、現役のとき以上の筋肉の鎧をまとわせることになったのだ。そのパワーから生まれたバットスイングは、プロのコーチだった大久保をも驚かせた。「もう一度プロ野球選手でやれるんじゃないか」。そんな言葉が大久保の口から出た。

プロ野球界への復帰を目指すトレーニングが始まった。

次ページ2年連続でトライアウト失敗
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT