「1本25万円」の生ハム店に予約が絶えない理由

居酒屋からの決死の転換で新境地に

1本25万円という高級生ハムがなぜ行列ができるほど売れているのか、経営者にお話を伺った(写真:beats3/iStock)  
世の中では、高くても意外なものが飛ぶように売れている。しかし「いいものを高く売ろう」と考えても、なかなか実現できない人は多い。違いはどこにあるのか?『なんで、その価格で売れちゃうの?』(PHP新書)でさまざまな価格戦略を紹介した永井孝尚氏が、その秘密に迫る(本記事は、同書からの引用記事です)。

単価5000円の居酒屋としてスタート

ある日、山本さんという若手経営者から手紙が届いた。私の本を読み、「価格を下げず、価値を上げる」という考え方を参考にして、自社に取り入れているという。

手紙を読み進めて驚いた。経営する居酒屋で「52歳経営者」をターゲット顧客にして、1本25万円の生ハムセラー(食品貯蔵庫)を始めたところ、行列待ちの大人気だという。「これはぜひお話を聞かなければ」と思い、数日後、ご本人に会って詳細を伺った。

山本さんの挑戦には、価格競争の世界から抜け出し、ターゲットのお客さんを見極め、高い価値を創り出すためのヒントがたくさんあった。「ぜひ読者の皆様と共有したい」と思い山本さんに相談したところ快諾をいただいたので、ここで紹介したい。

山本さんの会社は、先代の父親が社長の時代に、日本で初めてスペイン産のイベリコ豚を輸入した。イベリコ豚はスペインでもごく一部でしか飼育されていない。その中でも天然ドングリや牧草、香草を食べて育ったイベリコ豚は「ベジョータ」と呼ばれる。

この会社はイベリコ豚血統100%の「レアル・ベジョータ」を輸入する日本で唯一の業者だ。イベリコ豚全体の中で2%しかいない最高級品で、味も栄養も比べものにならないという。

山本さんがレアル・ベジョータを輸入できるのは、父親が現地で築き上げた深い人間関係の賜物である。しかし父親は2011年に急逝。若い山本さんが後を継いだ。イベリコ豚は生ハムで食べることが多い。そこでこの会社は、イベリコ豚が食べられる店「IBERICO‐YA」を単価5000円の居酒屋としてスタートさせた。

次ページジリ貧で戦略転換を迫られた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。