「1本25万円」の生ハム店に予約が絶えない理由

居酒屋からの決死の転換で新境地に

そこで、ブルーオーシャン戦略ではこれらの非顧客層が価値を感じて顧客になるように、「減らすもの」「取り除くもの」「増やすもの」「創造するもの」という「4つのアクション」を明確にしていく。

IBERICO‐YAは「人に自慢したい、モテたい」という人たちのニーズに応えるために、「生ハムセラー」「VIP限定個室」「目の前でスライス」という要素を創り出した。「美味しさ」もさらに追求した。

客が希少性を求めれば高く売れる

そして「メニューの豊富さ」を減らすとともに、「クーポン」「入店しやすさ」「宣伝」といった要素を取り除いた。これらは「52歳経営者」にとっては不要だからだ。

4つのアクションを基にIBERICO‐YAの戦略を、戦略キャンバス上に価値曲線として描いたのが、下の図だ。一般的な居酒屋との違いは、一目瞭然だ。

まとめると、こういうことだ。お客さんが希少性を求めれば、高く売れる。正しいお客さんを見極め、正しい価格で売れ!

高く売るための出発点は、常識にとらわれずに顧客を具体的かつ徹底的に絞り込み、顧客が「欲しい」と思う高い価値を創造することなのである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT