若手社員がネットで問題を起こす「当然な背景」

「デジタルネイティブだから大丈夫」ではない

ところがネット環境が充実して、各自がメールでアンケートを送ることで回収が劇的に向上することになりました。このときにどのようにしてアンケートを見て、記入して送るのか? 会社のPCは職場には1台しかない。一般社員は活用することができない状況。ゆえに自分が所有するスマホで行うしかない会社が、驚くことにかなりあるのです。

おそらく普段は会社のデバイスでネットを活用する機会が少なく、会社支給のデバイスがなくても支障がないのかもしれません。

取材した飲食チェーンの若手社員は、入社数年経過していましたが、仕事でネットを活用したことは1回もないとのことでした。ただ、プライベートではスマホを頻繁に利用。SNSで友人とのキャンプや飲み会などのイベントをよくアップするようです。

スマホ所有率は高い一方、個人所有のPCは…

冒頭の事件のような写真をアップする常識知らずではないようですが、仕事でネットを使ったことがないと、不安を感じているようでした。店舗勤務でPCを使う業務報告は店長にならないと行えないとのこと。ただ、本社勤務になれば、PCを使って仕事をする機会が増えます。そのときに使いこなせるか?自信がないようでした。

ネットを当たり前に使う世代であっても、仕事上でネットを活用するのは、社会人になって初めてする経験です。経験と学びの機会がなければ、社会人としての常識を学べる機会が少ないといえるのではないでしょうか。

そもそも、デバイスについても、若者がどれでも使いこなせるとは限りません。若者のスマホ所有率は高い一方、個人で所有するPCは減少傾向にあり、若手社員のPCスキルが下がっているとの声を近年、よく聞くようになりました。

スマホで最初にネットに触れる「スマホネイティブ」世代からすれば、PCを使う機会が少なく、タイピングが遅い、PCであれば当たり前の件名に何も書かないので受信者を困らせる……などの状況が起きつつあるようです。

社会人として必要なネットリテラシーとスキルとは何か。“社会人として”ネットリテラシーの高い人材を育てるためには、仕事でネットを活用する機会を増やす、さらにデバイスを会社から支給することが大事かもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT