32歳の長友がアジア杯後に抱いた強烈な危機感

日本代表はカタールに敗れ、惜しくも優勝逃す

もちろんピッチ内での本業にも注力した。長友はウズベキスタン戦を除く6試合にフル出場。日本にとっての今大会ベストゲームとなった1月28日の準決勝・イラン戦では相手攻撃陣のキーマンの1人であるアリレザ・ジャハンバフシュ(イングランド・ブライトン)を完封。仕事らしい仕事をさせなかった。

彼自身、昨年11月にはガラタサライの試合で肺気胸になり、手術を経て復帰してから間もなかったが、守備面での1対1の強さや走力、運動量は依然として健在だった。攻撃参加の部分はタテ関係の原口元気(ドイツ・ハノーファー)とのコンビが確立しきれなかったのと、守りに忙殺される時間帯が多かったため、上がるタイミングが少なく、クロスも精度を欠く場面も散見されたが、年齢による衰えは感じさせなかった。

代表における貢献と自身のパフォーマンスの両面を踏まえても、彼はまだまだチームに必要不可欠な存在だということを示したのではないか。

ただ、森保監督もいつまでも長友に依存しているわけにはいかないのは事実。将来を考えて、今回1試合出場に終わった佐々木翔(J1・サンフレッチェ広島)や、浦和レッズへ移籍した山中亮輔、2018年JリーグルヴァンカップMVPに輝いた20歳の杉岡大暉(J1・湘南ベルマーレ)ら若い世代にチャンスを与えていくことも重要だ。

長友の日本代表としての今後はどうなるか?

若返りが加速する中、2010年の南アフリカワールドカップ世代の生き残り戦士である長友は今後、どのように代表に関わり続けていくのか?

本人は「いつまでも日の丸をつけていたい」と熱望し、闘志を燃やしているだけに、他の左サイドバック候補者たちがこの男を超えるのは容易なことではない。そういう人間が出てくるまで、ベテラン最後の砦には真の代表魂を示し続けてもらわなければならない。

今大会でカタールやUAEら中東勢、ベトナムやタイなど東南アジア勢が躍進したように、簡単にワールドカップのアジア予選を突破できない状況になってきた。長友も「次のワールドカップに行けないこともちょっと考えておかなければ。そのくらいの危機感を持っています」と警鐘を鳴らして続けていた。そんな混とんとした時代になった今こそ、日本代表の重みと勝つことの難しさを熟知する人間が必要だ。

今回のアジアカップで大きな挫折と屈辱を味わった森保ジャパンが強く逞しい集団へと変貌を遂げるためにも、32歳の左サイドバックにはさらなる高みを目指して、走り続けてほしいものである。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT