アサヒビール、「555mlジョッキ」革命の勝算

ジョッキ容量拡大し、一杯目需要を取り込み

アサヒビールが居酒屋向けビール市場のテコ入れ策として投入する555ミリリットルのジョッキ(写真:アサヒビール)

ビール大手各社が、居酒屋など飲食店向け営業の立て直しに本腰を入れている。

ビール大手5社が1月16日に発表した2018年のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)出荷数量は、前年比2.5%減の3億9400万ケースと、14年連続で過去最低を更新した。ビールに限ると2億ケースを割り込み、同5.2%減の1億9291万ケース。特に居酒屋など飲食店向け、いわゆる業務用ビールが前年比6.5%減と振るわなかった。

業務用ビールてこ入れの目玉とは

ビール大手にとって、業務用ビールは全体の半分を占める重要な市場だ。このまま市場縮小を黙って見過ごすわけにはいかない。

そこで、業界トップのアサヒビールは業務用ビールのテコ入れに本格的に乗り出した。同社の平野伸一社長は「業務用の縮小を止めないと、家庭用の缶ビールでいくら頑張ってもマイナス幅が大きくなってしまう」と、危機感をあらわにする。

アサヒが「業務用改革」の目玉として打ち出したのが、「555ミリリットルジョッキ」の導入だ。一般的な居酒屋の場合、360ミリリットル前後のジョッキを使用することが多い。アサヒの新型ジョッキは、通常のジョッキに対して1.5倍の容量になる。

次ページ「1杯目需要」に照準
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT