若者が理解しない「よく怒鳴る上司」の真の意図

社会人が覚えておきたい「正しい怒り方」

すぐ怒る、怒鳴る上司は厄介に思いがちですが、部下に対しあえて怒っているのだとしたら?(写真:tkc-taka/PIXTA) 
あなたの周りに「よく怒鳴る上司」はいませんか? すべての人がそうとは言えませんが、中には「合理的な判断」から怒鳴る人もいます。仕事のために、あえて「怒鳴る」上司の意図を、作家・元外務省主任分析官の佐藤優さんが解説します。

怒りの感情は人間誰しもが持っています。相手の心ない言動に一気に高まる怒り、社会の不正や不条理にふつふつと湧いて出てくる怒り。怒りの対象も、怒り方も、状況によって千差万別です。

ただし、昔から短気は損気といわれるように、直情的な怒りや衝動的な行動は、結局自分にとっても周囲にとってもマイナスになることが多い。怒りをどう抑えるかは、社会生活を営む人間にとって大きなテーマの1つです。

逆に怒るべきときもあります。例えば自分が親で子どもが悪さをしたとか、相手の行為があまりにも理不尽な場合とか、社会的な要請に従って現状を正したり、変えなければならないのであえて怒りの感情を表す場合などです。

いずれにしても怒りの感情をどうコントロールするかが、よりよい人生を送るうえでの重要なポイント。そのためには怒りとは何か、なぜ怒りの感情が湧いてくるのか、怒りそのものについて考えてみることが大切になります。

「怒り」が仕事に役立つ場合もある

例えばあなたの周りにも、突然キレたように怒りだす人がいるかもしれません。上司でも同僚でも、友人でも……。感情的になってキレてしまうというのは、感情の抑制が利かない情緒不安定というカテゴリーに入ります。つまりは病気ですから、まずは議論の外でメンタルヘルスの話になります。

シュライエルマッハーという有名なドイツのプロテスタント神学者がいるのですが、宗教とは絶対的依存の感情だと言っています。感情でわっと何かが湧き出しているのは、その向こうに神様がいるからだというのです。だからカーッとなって怒っている人がいたら、神がかりだから注意せよということになります。

特に温厚に見えた人が、突然人が変わったように怒り出したら、それは何かが降りてきたと考える。その瞬間は何かに憑依されたような状況になっているから、理屈で説明しようとしても無駄。雷と一緒でとにかくその場から逃げる、避難するのが正しい対処法です。

神がかり的な怒りは特別なものとして、それ以外の怒りというのは、実は仕事をするうえで重要な道具でもある。私は動物が好きで動物行動学の本なども読みますが、人間や人間社会にも動物の生態や行動原理は当てはまります。

次ページ仕事で「怒らなければいけない」とき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。