プロ野球オフに甦る「楽天初キャンプ」の記憶

18年オフも春季キャンプを前にFAが話題に

この球場も、球団ができて3カ月くらいの準備期間しかない中、最短で頑張って造ってくださったと感謝しています。わずか3カ月で整地からキャンプができる状態にしてくれたことは、今考えると本当に凄いことでした。

しかし、今だから正直に言えますが、いったいこの先どうなるんだろう、という不安はこのようなことに直面するたび、いつも心をよぎっていました。でもそのたびに「頑張るしかない!」と奮起もしていたので、こういう出来事がチームの団結力やチームへの愛を、結果的に強めてくれたのかもしれません。

そうして迎えた2月1日、新生・楽天イーグルスとしての初めての春季キャンプ初日。

真新しいユニフォームで球場に隣接しているホテルから自転車で移動(笑)し、グラウンドに到着しましたが、まずいちばん驚いたのは、報道陣の多さでした。これまでの私が所属していた近鉄バファローズのキャンプでは考えられないくらいの人の多さに、改めて新しくできた球団への注目度の高さを実感させられたものです。

大所帯での初キャンプもどうにか終えることができた

練習前のミーティングを終え、いよいよウォーミングアップに入りましたが、自分の中でのキャンプ初日のウォーミングアップといえば、90分間くらいの時間の中でランニングなどを多めに行うものだという認識でした。しかし楽天初のそれはランニングも少なく、非常にラクでした。

その理由に関してはおそらく、外国人のコンディショニングコーチだったことと、その方もプロ野球の春季キャンプのウォーミングアップをするのは初めての経験だったので、知識が乏しかったんじゃないかなと推測します。私自身はキャンプを乗り切るために、自主トレ期間中にしっかり下半身強化を行ってきていたので、ちょっと拍子抜けした感じは否めませんでしたが。

しかしいざスタートしてみるとなんとかなるもので、懸念していた大所帯に関しては1軍と2軍が時間をずらして練習をすることで解消しましたし、また、選手も知恵を出し合ってコンディショニングコーチにトレーニング内容を掛け合ったりもし、2週間という期間を初キャンプにしては上々の内容で終えることができたことはうれしい成果でした。

こうして乗り切った久米島での春季キャンプでしたが、これが終わるといよいよ宮崎県日向市での2次キャンプに突入です。

その話はまた、次回に。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。