プロ野球オフに甦る「楽天初キャンプ」の記憶

18年オフも春季キャンプを前にFAが話題に

自主トレ期間中というものは、新人以外はチームに束縛されずに練習できるので自分がやりたいことができます。もちろん一生懸命やってはいるのですが、何時から始めようが自由なので、さほどプレッシャーを感じることなく気楽な感じで体の声を聞きながら調整していける、ほっとするひとときでもあります。

とはいえ長いシーズンへのカウントダウンは始まっているので、ベテランになればなるほど「ああ……もう始まるんや……」みたいな気持ちになるのも、ここだけの話、否めなかったです(笑)。新学期前の小学生のような気持ちに近いでしょうか。

さて、2018年の年末には各チームでいろいろな移籍話がありましたが、春季キャンプを前に、丸選手のFAでの巨人移籍に伴う人的補償として、広島が長野選手を獲得したことが発表されました。

巨人の「FA獲得と人的補償」は吉と出るのか

巨人は西武から銀仁朗選手もFAで獲得しているため、人的補償で内海選手・長野選手という、経験豊富で実績のあるふたりのベテランを放出してしまうということになりました。

以下は私見です。これはチームを強くするために仕方のないことかもしれませんが、巨人も世代交代でベテランから若手への切り替えを行っており、昨年ようやく岡本選手が活躍し、その方針もうまくいきかけていたと思うのです。しかし、また外部から、特にFAで選手を獲得すれば、既存若手選手のチャンスも少なくなり、上手に世代交代がなされなくなってしまうのではないか、と心配になりました。

巨人として考えれば、両リーグの昨季の優勝チームから中心選手を獲得することに成功し、チームとしてレベルアップを図れるチャンスを手に入れたのは確かなのですが、この先、いざ優勝争いに絡んできたら、伝統ある巨人軍というチームで実績を積んできたベテランのワザやノウハウは絶対に必要となるはずです。そういう局面に向き合ったときに、失ったものの大きさを噛みしめるようなことにならなければいいのですが……。

そして長野選手も内海選手も、ベテランとはいえまだまだ移籍先でも十分に活躍できるポテンシャルはありますから、主力として頑張ってほしいものです。

次ページ2005年1月は楽天イーグルスが始動した時期
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。