DeNA筒香「子供を犠牲にする野球」にモノ申す

暴言や暴力・・・指導者の自己満足ではないか

堺ビッグボーイズの野球体験会で自身の考えを発信した筒香選手(筆者撮影)
1月14日、大阪府堺市の少年野球チーム、堺ビッグボーイズは野球未経験者対象の野球体験会「アグレシーボ」を開催。OBである横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智は、昨年に続き、報道陣にメッセージを発信した。その内容をお届けする。
参考記事:『DeNA筒香「球界の変わらない体質」にモノ申す』

子供ではなく、大人が中心になっているのではないか

昨年、このアグレシーボ体験会でお話ししたことを、いろいろな形で取り上げていただきました。それがきっかけとなり、本を出版することもできました。これも、成果の1つではないかと思います。

本日は、私が感じたことや、もっとこうすればよいのではないかという思いを話します。

この連載の一覧はこちら

昨年は、スポーツ界で良くないニュースが数多く取りざたされました。皆さんもご存じの通り、アメリカンフットボールの悪質なタックルや、ボクシング界、体操界などで良くないニュースが取り上げられました。

これは偶然ではなく、スポーツ界全体が変わらなければいけないのかなと感じます。

残念ながら、野球界でも全国大会にたくさん出て優勝もしている強豪少年野球チームの監督の暴力、暴言の映像が出てきました。これもたった1つのチームの問題ではなく、今までこういうことが行われてきたんだな、と思っています。

これから子供たちのことについて本当に考えたときに、今行われている指導は正しいのか? なぜこういう問題が起こってしまうのか、みんなが掘り下げて考えていかなければいけないと思います。

私も先日、ある少年野球チームを見学に行きました。そこでは指導者の方が暴言、罵声を浴びせ、事細かい指示が行われていました。子供たちはできないのが当たり前なのに、なぜそれを怒っているのか。大人中心になっているのではないかと感じました。

常に勝つことが優先されることからくる厳しく長い練習時間、過密な試合日程で、子供たちに負担がかかっているという現実をもっと皆さんが知るべきだと思います。

堺ビッグボーイズに子供を通わせている保護者の中にも、他のチームを見に行ってあまりにも指導者が怖いので、入団をためらったという声も聞きます。朝から晩まで長い練習があるので、遊びに行く時間がない、勉強の時間もない。親も付き合うので他のことができないという声も聞かれました。

次ページ「良かれ」と思っていることで子供が犠牲に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。