野球「独立リーグ」は人材企業へ変貌している

開始から14年、もう一つのプロ野球経営:前編

そして「アルビレックス」というブランドイメージは大きい。新潟にはJリーグクラブをはじめ「アルビレックス」ブランドで展開するスポーツ関連事業が12もある。

すべて資本関係があるわけではないが、各事業間でノウハウを共有するなど連携もある。独立リーグ球団の中でも、地元でのステータスは格段に高いと言えよう。

夢をもってチャレンジを続けたい

「今の段階では私個人の願望でしかないですが、NPB参入になんとかチャレンジしてみたいという気持ちがあります。5年後、10年後ではなく2、3年の間に議論が活発になっていけばと願っています。

2014年に球団拡張構想が提唱されてから約4年が経ちますが、機運が少し高まってきているのではないかと感じています。ハードルは非常に高いですが、ぜひ夢を持ってチャレンジを続けていきたいと考えています」

前編では四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズと高知ファイティングドックス、ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCの3球団を紹介した。

明日配信の後編では栃木ゴールデンブレーブス、茨城アストロプラネッツ、堺シュライクスの3球団をご紹介したい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT