高知商ダンス公演に野球部員参加で処分の謎

有料の発表会を問題視、部長が謹慎処分?

高知商業の野球部員が有料のダンス公演に出演した事に対する日本高野連の対応に疑問の声が投げ掛けられています。写真はイメージ(写真:104000 / PIXTA)

新潟県高野連の「球数制限」をめぐって話題となっている日本高野連だが、今度は高知県からちょっと不思議な話が伝わってきた。

高知商野球部員が「学生野球憲章」に抵触?

地元紙の報道によると、昨夏の甲子園でも活躍した高知商業硬式野球部の3年生が、昨年12月に行われた同校ダンス同好会の発表会の舞台に、ユニフォーム姿で上がったことが「日本学生野球憲章」に抵触する可能性があるとして、同校の野球部長が謹慎処分になりそうだという。

日本学生野球憲章
第2条(学生野球の基本原理)
④学生野球は、学生野球、野球部または部員を政治的あるいは商業的に利用しない。

ダンス発表会で500円の入場料を取っていたことが「商業的に利用した」ことになる可能性があるという。

高知県高野連の報告を受けて、日本高野連は1月16日の定例会合で、高知商業高校硬式野球部部長を「有期の謹慎処分」とする処分案を決定した。これを2月1日の日本学生野球協会の審査室会議に上げ、処分を最終決定するという。

この連載の一覧はこちら

処分そのものは軽微だ。高知商業は2019年春の選抜の候補校になっているが、ダンスイベントに参加したのは部活を卒業した3年生だったこともあり、現役の1、2年生はおとがめなしである。監督も処分されない。

同部長は、発表会直後に学校側の指摘を受けて、以後、野球部での指導を自粛している。そして学校も「規則を徹底すべきだった」と非を認めている。たとえ謹慎処分が決定したとしても「有期」であり、復帰が可能だ。

そういう意味では大した事件ではないかもしれないが、事件そのものは報道各社がニュースで報じたこともあって、全国的な話題となった。多くの人は、SNSなどで高野連の処分に対して疑問を投げかけている。

次ページ友情の証しでダンス発表会に出演したのだが
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?