カロリー絞っても「やせられない」という逆説

疲れやすくなる、集中力低下などの悪影響も

カロリー制限で本当にやせられるのでしょうか(写真:DenysProduction/PIXTA)
年末・年始で増えた体重を減らそうと、ダイエットニーズが高まる1月。さまざまな減量法が唱えられるなか、「摂取カロリーを抑える」というのは定番中の定番メソッド。アサヒグループ食品の調査によると、実に9割近い人が「食事の量やカロリーの調整やコントロール」、7割超の人が「カロリーの低い食事を心がける」をしたことがある、と答えています。
しかし、「カロリーを減らしても決してやせないことは、科学的に判明している」と異を唱えるのは、『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』を上梓した、医学博士のジェイソン・ファン氏。カロリーを制限してもやせない理由、そしてカロリー制限ダイエットの知られざる危険性を、減量専門医が解き明かします。

体重増加の6割が年末年始

体重は年間を通じて、規則的に増えるわけではないことをご存じでしょうか? たとえば北米の場合、年間の平均的な体重増加は0.6kgですが、そのうち60%は年末休暇の6週間で増えています。

よって、この時期にダイエットのニーズが高まる傾向にあるのですが、「摂取カロリーの削減」「低カロリー食によるダイエット」では期待しているほど効果は得られません。無駄な努力に終わるどころか、「前以上に太る」危険さえはらんでいるのです。

私たち減量専門医がつねに頭を悩ませている問題があるのですが、それは、「太った医者がいる」ことです。

人間の生理学の権威と認められている医者たちは、肥満の原因を知っているはずで、その対処にも長けているはずです。なのに、なぜ太った医者がいるのでしょうか? それは、これまで唱えられていた「食べる量を減らし、運動量を増やす」という減量理論が、実は間違っているからです。

肥満は、長い年月をかけて蓄積していくものですが、私たちが得る肥満についての情報の多くは、「ほんの数週間」の研究から導き出された情報であることがほとんどです。1週間足らずの期間しか扱わない研究も何千件とある――これが、ダイエットの根拠の実情です。

カロリーを削ったり運動したりすれば、一時的に体重は減ります。しかし、一度暴食しても体重が永遠に増えたままにならないのと同様、減量効果は長続きせず、「ホメオスタシス」という体に備わった現状維持システムが働いて、体は「体重が減る前の状態」に戻ろうとするのです。

次ページ摂取カロリー減でも体重は減らない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。